« 第6弾!秩父・川越でんたび号 | トップページ | 玉電100周年記念号リベンジ »

西武6000系6114F 白顔になって営業復帰

先日より、玉川上水で副都心線対応工事を受けた西武6000系6114Fが、営業運転に復帰しました。現在、6115Fが副都心線対応工事中。着実に白顔の6000系は数を増やしています。

Img_5568_1

↑[After]白顔となった6114F ひばりヶ丘にて

Img_2365_1

↑[Before]改造前の6114F 同じくひばりヶ丘にて

↓ブログランキングに1日1クリックの投票を!

にほんブログ村 鉄道ブログへ

|

« 第6弾!秩父・川越でんたび号 | トップページ | 玉電100周年記念号リベンジ »

鉄道:西武グループ」カテゴリの記事

コメント

前回は誤解を招くようなことをしてすみません。今更ですが西武6000系は8両にはなってないといってはいましたが例えば、この6114Fの中間4両を別の6115Fの中間と組み換えたり、もしくは61XX・62XX・63XX・60XXといった号車そろいが、61XX・65XX・62XX・60XXなんて変な組み換えになっていないかが気になります。

投稿: エルグランド | 2008年1月28日 (月) 01時34分

言い方がおかしかったようですみません、例えば6114Fが次に改造を受けた6115Fや、前に改造を受けた6105Fがごちゃ混ぜになり、6114Fなのに中間に6X15や6X05とかが、武蔵野線205系の転用のようになっていませんか?でした。

投稿: エルグランド | 2008年1月28日 (月) 01時39分

エルグランド様、返信が遅くなりました。
要するに編成の組み換えはあったかということですね。おっしゃったことについても変更はなく、組み換えはされておりません。

投稿: ムサシ | 2008年2月 2日 (土) 22時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232890/7458536

この記事へのトラックバック一覧です: 西武6000系6114F 白顔になって営業復帰:

» 6114Fが営業運転開始 [西武人の鉄道記]
例の撮影地で、暑さに耐えながら結局1時 [続きを読む]

受信: 2007年8月14日 (火) 23時55分

« 第6弾!秩父・川越でんたび号 | トップページ | 玉電100周年記念号リベンジ »