« マーチのあのボディカラーが復刻! | トップページ | 東横線5050系5151F検査出場 »

新型エクストレイルに「クリーンディーゼル」

日本では、ディーゼルエンジンは悪い排気ガスを撒き散らすなどの問題で、嫌う傾向にあります。そこで今日になり、各自動車メーカーそのディーゼルエンジンの見直しがされています。日本ではメルセデス・ベンツのE320CDIに、排気がきれいなクリーンディーゼルエンジン車を導入し注目を浴びましたが、ついに日産でも、国内メーカー乗用車初となるクリーンディーゼルエンジンを開発。来年の2008年、次期エクストレイルにこの新設計ディーゼル車を導入することになりました。このクリーンディーゼルエンジンは、ルノーと共同で開発されたM9Rエンジンに、日産独自のクリーンディーゼル技術を取り入れたもの。また、日本の排出ガス規制SU-LEVにも適合できるものに開発されています。「ニッサン・グリーンプログラム2010」で、将来の排出ガス規制をクリアするクリーンディーゼル車を、2010年度より拡大投入する予定でおり、将来乗用ディーゼル車の復活も期待できます。

↓ブログランキングに1日1クリックの投票を!

にほんブログ村 車ブログへにほんブログ村 車ブログ 日産へ

|

« マーチのあのボディカラーが復刻! | トップページ | 東横線5050系5151F検査出場 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232890/7454790

この記事へのトラックバック一覧です: 新型エクストレイルに「クリーンディーゼル」:

« マーチのあのボディカラーが復刻! | トップページ | 東横線5050系5151F検査出場 »