« 2007入間航空祭特別ダイヤ 上り復路編 | トップページ | 西武9000系9103F 営業復帰 »

メトロ10000系1次車に変化

最近になり、東京メトロ有楽町線10000系の1次車・10103Fに変化がありました。変更点の一例を挙げると、車内ドア上の液晶画面が右側のみで左側は準備工事となっていましたが、新たに左側にも新規で取り付けられました。またドアエンジンの改造もなされ、量産車同様に戸締め時の減圧機能が付きました。運転室では車両情報受信装置が新設されたことなど。床下の各装置にも一部手が加えられているようです。

Img_6540_1

↑10103F 遂にドア上液晶が左側にも付いた 東久留米にて

↓是非1日1クリックご投票下さい!

にほんブログ村 鉄道ブログへ

|

« 2007入間航空祭特別ダイヤ 上り復路編 | トップページ | 西武9000系9103F 営業復帰 »

鉄道:東京メトロ・埼玉高速鉄道・東葉高速鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232890/8793795

この記事へのトラックバック一覧です: メトロ10000系1次車に変化:

« 2007入間航空祭特別ダイヤ 上り復路編 | トップページ | 西武9000系9103F 営業復帰 »