« 第40回東京モーターショー2007 スウェーデン・韓国車編 | トップページ | 有楽町線小竹向原にホームドア・11.14現在の状況 »

第40回東京モーターショー2007 アメリカ車編

第40回東京モーターショー2007リポート、続いてはアメ車のクライスラー、ダッジ、ジープ、シボレー、キャデラック、フォードです。ハマーは撮れておりません。

【フォード】

フォードブースでは、ワールドプレミア(世界初公開)のエスケープ・アドベンチャー、またジャパンプレミア(日本初公開)のマスタング GTカリフォルニア・スペシャルを中心に展示。フォードの中ではやはりマスタングが、昔のアメ車の雰囲気を醸し出していて一番いいクルマです。

Img_6631_1f

↑カリフォルニアのイメージが漂うモデル フォード・マスタング GTカリフォルニア・スペシャル

Img_6630_1f

↑エスケープの今後の方向性を予感させる世界初公開のエスケープ アドベンチャー

【ダッジ】

今夏に日本上陸した話題のダッジ車。今回のモーターショーでは全車種+ジャパンプレミアのデーモン・コンセプトが展示されました。

Img_6612_1

↑オープンカーのダッジ・デーモン・コンセプト

Img_6611_1f

↑V8 6.1Lエンジン搭載のダッジ・チャージャー・08年モデル

【ジープ】

ジープでは、チェロキーの新型がジャパンプレミアとなりました。新型のチェロキー特にエクステリアのフロントは、現行よりも少し角ばった感じになった印象を受けました。

Img_6608

↑日本初公開、次期ジープ・チェロキー

【クライスラー】

クライスラーでは、ミニバンのグランドボイジャーの新型が、ジャパンプレミアとして出品されました。サイズは全長5142mm×全幅2246mm×全高1740mm。全幅2メートルを超えるサイズのミニバンというところは、実にアメ車らしいです。でもこのサイズの車を日本で使うにはどうかというところがあります。

Img_6609_1f

↑ビックサイズのミニバン、クライスラー・新型グランドボイジャー

【GM(キャデラック・シボレー)】

次はGMグループのキャデラックとシボレー。キャデラックからはコンセプトカーは無し。スポーツセダン「CTS」が展示されました。この挑発的なCTSの顔はとても好きです。シボレーではスポーツカーのコルベットが展示されました。

Img_6699_1

↑スポーツセダンのキャデラックCTS

Img_6700_1

↑コルベットをコンパニオンと一緒に

↓是非1日1クリックご投票下さい!

にほんブログ村 車ブログへ

|

« 第40回東京モーターショー2007 スウェーデン・韓国車編 | トップページ | 有楽町線小竹向原にホームドア・11.14現在の状況 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232890/8932236

この記事へのトラックバック一覧です: 第40回東京モーターショー2007 アメリカ車編:

« 第40回東京モーターショー2007 スウェーデン・韓国車編 | トップページ | 有楽町線小竹向原にホームドア・11.14現在の状況 »