« メトロ10000系10119F営業開始 | トップページ | 【11.27】E491系常磐緩行線検測 »

東海道線版E233系出場!

中央線・青梅線・五日市線版の基本番台、京浜東北線版の1000番台に続いて、今度のJR東日本E233系は東海道線版の3000番台が登場です。昨日その車両が、製造元の東急車輛を出場。出場後は逗子~横浜~国府津のルートで公式試運転が行われました。東海道線用E233系は、今までの通勤形とは違う近郊形で、基本10連+付属5連の15連での編成となっています。基本編成中間にグリーン車が組み込まれています。また、室内の液晶画面による案内を行う通勤形とは違い、近郊形ではLEDでの文字案内となっています。グリーン車を外側から見ると、ベースの車体はE231系とほぼ同一に見えました。東海道線での営業開始が待ち遠しいE233系3000番台の今後に注目したいです。撮影の方は、全て国府津で行いました。

Img_7068_1

↑出場後東海道線で試運転を行う東海道線用E233系3000番台

Img_7076_1

↑国府津に到着 この後国府津車両センターへ入庫

Img_7070_1

↑4・5号車はグリーン車を連結

Img_7072_1

↑基本編成+付属編成

Img_7079_1

↑前面ラインカラーの処理は京浜東北線用と同一

Img_7080_1

↑乗降扉 普通車はE233系タイプ、グリーン車はE231系タイプ

Img_7081_1

↑台車

Img_7083_1

↑フルカラーLEDの行先表示機

Img_7084_1

↑車号表示 付属車は3500番台となる

↓当ブログ発展の為に1日1クリックの投票をお願いいたしますm(__)m

にほんブログ村 鉄道ブログへ

|

« メトロ10000系10119F営業開始 | トップページ | 【11.27】E491系常磐緩行線検測 »

コメント

E231系の製造が始まってから、JR東日本の通勤型車両は本当に早いペースにて車両が落成していきますが、東海道線にも近郊型が登場しましたか。今後どのように増えていくかが気になり、まだ登場していない常磐緩行線タイプもどのようになるかが気になりますが、同じ千代田線乗り入れ用として、先に製造された小田急新4000形に似たタイプになるかが注目されそうです。

投稿: エルグランド | 2007年11月29日 (木) 01時41分

もしよろしければトップ画像のE233系の東海道線の写真を一枚いただきたいです。

投稿: 中央快速 | 2007年11月29日 (木) 13時14分

>中央快速様
画像サイズは大幅に小さくなってしまってますが、宜しいでしょうか?

投稿: ムサシ | 2007年11月29日 (木) 22時35分

 ムサシさん、はじめまして。狂気のスピードKBTと申します。
 僕もE233の近郊型を新川崎付近で見ました。E233は重心が低く、曲線通過速度がE231より若干高いはずなのでスピードアップが期待出来ます。211系を早く房総、中央東線、両毛線、甲信越に持って行き、東海道、東北、高崎線での本格的な120キロ運転の開始を期待したいです。

投稿: 狂気のスピードKBT | 2007年12月12日 (水) 20時26分

>狂気のスピードKBT様
こちらこそはじめまして。120km/h運転が可能ならば、ぜひライバル路線をもつ湘南新宿ライン系統メインで走らせてほしいですね。

投稿: ムサシ | 2007年12月14日 (金) 05時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232890/9153803

この記事へのトラックバック一覧です: 東海道線版E233系出場!:

« メトロ10000系10119F営業開始 | トップページ | 【11.27】E491系常磐緩行線検測 »