« '07-'08 有楽町線終夜運転運用 | トップページ | アルミ車初の白顔登場…西武6000系6154F »

2007年を振り返る

当ブログ開設となった今年、いろいろな出来事があった激動の年でしたが、鉄道、日産それぞれの今年を自分なりに振り返ってみたいと思います。

■鉄道

地元・西武では、副都心線対応・白顔の6000系が営業開始したことや、東京メトロ10000系の本格的な西武線乗り入れが始まりました。未来で見てみると、旧型車代替用の新型車西武30000系「スマイルトレイン」の投入告知が発表され、期待に胸を膨らませました。他の鉄道では、今年も新型車両が続々登場。JRでは中央線へE233系大量投入が行われ、今までの201系が瞬く間に減っていくという交代劇がありました。さらにE233系は、京浜東北線用、東海道線用も登場し、E233系ファミリーが形成され始めました。また、お召し列車にも使える新型ハイグレードカー・E655系にも多くの注目がいきました。東海道新幹線ではN700系が登場。置き換え対象となる500系の東京口運用撤退も時間の問題となりました。小田急では、初の地下鉄乗り入れ対応のロマンスカー「MSE」が披露されました。それとは逆に引退車両も相次いだ年でした。注目度が非常に高かったお座敷列車「浪漫」、メトロ東西線開業当時から長く親しまれた同線用5000系、「げんこつ顔」というユニークな形をした北総7000形などが姿を消しました。サービス面では、今までのパスネットに代わるIC乗車カード「PASMO」が登場。Suicaとあわせて、電車だけでなくバス、そして買い物が一枚で済むようになり、非常に楽になりました。このPASMOデビュー時に出たPASMO・Suica相互利用記念ICカードも入手したかったのですが、あっという間に売り切れたため残念ながら入手できませんでした。

Img_3319_1

↑白顔の西武6000系改造車 今年は8本が改造された

Img_7574_1

↑瞬く間にJR中央線の主力となったE233系 同系は東海道線、京浜東北線用も相次いで登場

Img_7552_1

↑有料特急としては初の地下鉄直通を予定する小田急ロマンスカーMSE 

Img_3693_1

↑当時の営団東西線の顔であったメトロ5000系は今年春に姿を消した

■日産自動車

今年はスカイライン生誕50周年という節目の年でありました。方々でさまざまなキャンペーンやイベントが行われました。もう1つ、今年一番の話題は「GT-R」の復活です。高性能なハイパフォーマンスカーの登場で、新しいスポーツカー時代を切り開きました。そのほかの新車では、欧州製のSUV「デュアリス」や、7年ぶりのモデルチェンジとなる「エクストレイル」が登場。両者販売も好調でありました。またスカイライン・クーペも新型へシフト。マーチのオープンカーも登場、「マイクラC+C」という欧州名で登場しました。技術面では、きれいな排気を可能にした「クリーンディーゼル」の開発が進められ、来年エクストレイルに採用すると発表されました。東京モーターショーでも、クリーンディーゼルを積極的に採用したコンセプトカーが登場しました。国産新車販売台数を見ると、今年はセレナや新エクストレイル、コンパクトカーが好調でした。

Img_6333_skylinecoupe_370gt_type_sp

↑スカイラインイヤーの今年デビューした新型スカイライン・クーペ

Img_6990_1_gtr07_r35

↑今年のイヤーカーとしてもおかしくないNISSAN GT-R

Img_5923_xtrail_20x07_t31_1

↑好調な売れ行きの新型エクストレイル 来年にはクリーンディーゼル車も登場する

↓1日1クリックの投票にご協力願いますm(__)m

ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« '07-'08 有楽町線終夜運転運用 | トップページ | アルミ車初の白顔登場…西武6000系6154F »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232890/21167884

この記事へのトラックバック一覧です: 2007年を振り返る:

« '07-'08 有楽町線終夜運転運用 | トップページ | アルミ車初の白顔登場…西武6000系6154F »