« 西武2000系2047F甲種輸送 | トップページ | 第40回東京モーターショー2007 日本車編 2 »

第40回東京モーターショー2007 日本車編 1

第40回東京モーターショー2007レポート。お待たせいたしました、ラストは国産車です。日産は別項で取り上げ済みなので「三菱・スズキ・マツダ」「ダイハツ・スバル・ホンダ」「光岡・レクサス・トヨタ」という形で取り上げたいと思います。今回は、日産へ軽をOEM供給している三菱・スズキ、そしてその逆で日産から商用バンのOEM供給を受けているマツダの3社です。

【三菱】

三菱では、SUVテイストを盛り込んだコンパクト「コンセプトCX」、各地で実験走行中の電気自動車・i MIEVをベースにしたスポーツカー「i MIEV スポーツ」、クリーンディーゼルなどの最新技術を搭載した上級セダン「コンセプトZT」などが出展されました。

Img_6680_1

↑コンセプトCX 三菱のセダンにある逆スラントノーズの顔つきがかっこよさを演出している

Img_6679_1

↑電気で走るスポーツカー i MIEV スポーツ

Img_6676_1

↑次期ディアマンテはこうなるかもしれない? コンセプトZT

【スズキ】

スズキでは、クロスオーバースポーツワゴンのコンセプトモデル「Kizashi(兆)2」、一人乗りの低速移動ツール「PIXY」+これを2台入れることが可能な軽自動車型移動ユニット「SSC」、新ジャンルのクロススポーツカー「X-HEAD」、これらのコンセプトカーを中心に出展されました。

Img_6643_1

↑躍動感あるスタイルのクロスオーバースポーツワゴン Kizashi 2

Img_6644_1

↑Kizashi 2をリヤから

Img_6650_1

↑新しい発想の移動ツール SSC(左)とPIXY(右)

Img_6648_1

↑PIXYに乗るとこんな感じ

Img_6647_1

↑ジムニークラスのSUVコンセプト X-HEAD

【マツダ】

マツダでは、初公開となる「大気」を含めたコンセプトカー「流(ながれ)シリーズ」が一堂に展示されたほか、次期型アテンザや水素ロータリーエンジン搭載のプレマシーなどが展示されました。

Img_6633_1

↑流(ながれ)シリーズの最新作「大気(たいき)」

Img_6634_1

↑流(ながれ)シリーズ第1弾はこの「流(ながれ)」

Img_6636_1

↑流(ながれ)シリーズ第2弾はガルウィングドアが特徴の「流雅(りゅうが)」

Img_6635_1

↑流(ながれ)シリーズ第3弾はクーペスタイルのSUVに仕立てた「葉風(はかぜ)」

↓是非1日1クリックご投票下さい!

にほんブログ村 車ブログへ

|

« 西武2000系2047F甲種輸送 | トップページ | 第40回東京モーターショー2007 日本車編 2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232890/23775023

この記事へのトラックバック一覧です: 第40回東京モーターショー2007 日本車編 1:

« 西武2000系2047F甲種輸送 | トップページ | 第40回東京モーターショー2007 日本車編 2 »