« 第40回東京モーターショー2007 日本車編 1 | トップページ | 第40回東京モーターショー2007 日本車編 3 »

第40回東京モーターショー2007 日本車編 2

第40回東京モーターショー2007レポート・日本車編、続いてはスバル・ダイハツ・ホンダの3社です。

【スバル】

スバルブースでは、鋭意開発が進められている電気自動車の「G4e・コンセプト」、スバル初開発のミニバンコンセプト「エクシーガ・コンセプト」、またWRCの次期ラリーカーなどが展示されました。

Img_6742_1

↑新型インプレッサベースのWRCラリーカー

Img_6708_1

↑スバル版電気自動車 G4e・コンセプト

Img_6709_1p

↑エクシーガ・コンセプト スバルが作ったミニバンはこれが初(?)

【ダイハツ】

ダイハツでは、グラスルーフを採用した軽のオープンコンセプトカー「OFC-1」、センターピラーレスボディと大きな観音開きドアを採用しながら安全性を高めたスモールカー「HSC」、マウンテンバイク2台が積める荷台をもつ小型オフロードコンセプト「マッドマスターC」などが展示されました。

Img_6736_1

↑軽のオープンスポーツ・OFC-1 7速シフト、電子制御サス、17インチホイールetc軽なのに軽の領域を超えた装備が満載

Img_6741_1

↑マッドマスターC 荷台にはマウンテンバイクが2台積める

Img_6737_1

↑観音開きドアが特徴のHSC 空力特性を高め10・15モードで33kmという低燃費を実現

【ホンダ】

ホンダでは、ちょっと変わった注目車があります。それは「PUYO(プヨ)」。ボディがジェル状の半透明素材を使い柔らかいボディに仕立てた、新発想の面白いコンセプトカーです。またこのほかに、ハイブリッドシステムを採用した環境配慮のスポーツカー「CR-Z」、燃料電池車「FCXコンセプト」などが出展されました。

Img_6672_1

↑PUYOはボディがジェル状、だから衝突時の衝撃も軽減できる

Img_6669_1

↑環境に配慮したコンセプトスポーツカー CR-Z

Img_6671_1

↑市販化も近い(?)燃料電池車 FCXコンセプト

↓1日1クリックの投票にご協力願いますm(__)m

にほんブログ村 車ブログへ

|

« 第40回東京モーターショー2007 日本車編 1 | トップページ | 第40回東京モーターショー2007 日本車編 3 »

モーターショーレポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232890/23775031

この記事へのトラックバック一覧です: 第40回東京モーターショー2007 日本車編 2:

« 第40回東京モーターショー2007 日本車編 1 | トップページ | 第40回東京モーターショー2007 日本車編 3 »