« 第40回東京モーターショー2007 ドイツ車編 1 | トップページ | 【12.9】EF65-1118+ゆとり団臨 »

第40回東京モーターショー2007 ドイツ車編 2

第40回東京モーターショー2007レポート・ドイツ車編、後編では残りのBMWとアウディを取り上げます。

【アウディ】

アウディでは、A3に似たボディにハイブリッド技術を注ぎ込んだ「メトロプロジェクト・クワトロ」、フランクフルトショーで発表された新型A4の中から「A4・3.2クワトロ」、そしてポルシェ911がライバルのスーパースポーツ「R8」などが出展されました。

Img_6748_1

↑アウディ・メトロプロジェクト・クワトロ 革新的なハイブリッド技術を採用

Img_6749_1

↑日本では約2、3年前にモデルチェンジしたA4 早くも今回のショーで次期型が登場

Img_6746_1

↑アウディのスーパースポーツカー、R8 アウディ参戦ル・マン24HレースのDNAが注ぎ込まれている

Img_6747_1

↑R8はリヤにエンジンを積んでいる エンジンはV8 4.2Lの直噴タイプ

Img_6759_1

↑アウディの中での好みといえばR8の他にこのTTである

【BMW(アルピナ、ミニ含む)】

続いてはBMWと、BMWのカスタマイズ車を売るアルピナ、そしてミニです。BMWでは、日本初公開となるラグジュアリーな4ドア4シーターグランツーリスモ「コンセプトCS」をはじめ、「コンセプト1シリーズ・Tii」、「X6・アクティブハイブリッド」などが出展されました。その中でBMWブース注目のコンセプトカー「コンセプトCS」は、前半の期間のみの限定展示ということで撮れておりません(行ったのは開催期間で最後の方)。ミニでは、サイドとリヤのドアに観音開きを採用した「ミニ・クラブマン」などが出展されました。

Img_6686_1

↑パワフルなエンジンを載せカーボンボンネットで軽量化を図った走りの1シリーズ コンセプト1シリーズ・Tii

Img_6684_1

↑SAC(スポーツ・アクティビィティ・クーペ)という新しいカテゴリーにハイブリッド技術を採用したスタディモデル X6・アクティブハイブリッド

Img_6687_1

↑ハイドロジェン7 これはガソリンと水素が動力源となっている

Img_6685_1

↑美しいスタイルの6シリーズ・カブリオレ

Img_6688_1

↑こちらは5シリーズがベースのアルピナB5・スーパーチャージャー

Img_6683_1

↑こちらは他のミニとはちょっと違うミニ、クラブマン

↓1日1クリックの投票にご協力願いますm(__)m

にほんブログ村 車ブログへ

|

« 第40回東京モーターショー2007 ドイツ車編 1 | トップページ | 【12.9】EF65-1118+ゆとり団臨 »

モーターショーレポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232890/9343106

この記事へのトラックバック一覧です: 第40回東京モーターショー2007 ドイツ車編 2:

« 第40回東京モーターショー2007 ドイツ車編 1 | トップページ | 【12.9】EF65-1118+ゆとり団臨 »