« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

E233系青666編成+青466編成 東急車輛出場

今日29日、JR青梅・五日市線用E233系の新造車・青666編成+青466編成が東急車輛製造を出場、逗子から所属先である豊田へ回送を兼ねた公式試運転が行われました。

Img_7836_1

↑普段は走らない南武線を走るE233系青666編成+青466編成 西国立にて

Img_7841_1

↑立川に停車中のE233系青666編成+青466編成

Img_7853_1

↑立川を出発、一路豊田へ

↓当ブログ発展の為に1日1クリックの投票をお願いいたしますm(__)m

にほんブログ村 鉄道ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日産ティーダ&ラティオがマイチェン

昨日28日、日産のコンパクトカー「ティーダ」(C11型)と、ティーダのセダン版「ティーダ・ラティオ」(SC11型)が登場から約3年と3ヶ月、遂にマイナーチェンジモデルが発表されました。今回のマイナーチェンジ、エクステリアではフロントグリル・バンパー、ヘッドランプの意匠変更が施され、ティーダについてはリヤコンビランプの意匠も変更されました。顔つきは、なんとなく「ムラーノ顔」になり、立派な感じになりました。インテリアでは、メーターやセンタークラスター、エアコンのコントローラー、ティーダのメタリック調パネルのデザインを変更し、さらに上質感が高まりました。メカニズム面では、1.5L・HR15DEエンジンとエクストロニックCVTの改良により、さらなる低燃費と低排出ガスレベルを実現。2WDの「HR15DEエンジン+エクストロニックCVT」搭載車は、「平成22年度燃費基準+20%」を達成し、グリーン税制において最高額の優遇を受けることができるようになりました。またティーダ、ラティオ共に1.8L車には、スポーティな走りが楽しめる6速MT車が設定されました。またティーダでは、今年の東京オートサロンでプロトタイプとして登場した、NISMOチューンの「NISMO S-tune エアロパッケージ」「NISMO S-tune パフォーマンスパッケージ」が、ディーラーオプションとして設定されました。月販目標は、ティーダは2500台、ラティオは1800台となっています。

C11_08

↑顔つきが変わった新型ティーダ 写真の新ボディカラー、シャンパーニュゴールドはティーダ専用色

Sc11_08

↑ラティオは新型からティーダと同一のグリルデザインに

Img_0970_tiidac11_04_1

↑こちらは旧型のティーダ

Img_0974_latiosc11_06_1

↑旧型ラティオはティーダとの差別化を図るべく、グリルデザインがラティオオリジナルのものとなっていた

↓こちらもどうぞご覧ください!

にほんブログ村 車ブログへにほんブログ村 車ブログ 日産へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西武30000系第1陣登場!

遂に西武30000系「スマイルトレイン」の第1陣・38101Fが、25日下松の日立から出場。27日に新車の甲種輸送が、西武小手指車両基地に到着しました。27日に甲種が通過した武蔵野線内府中本町や西国分寺、新秋津、また西武線所沢、小手指は撮影者の山でした。西武としては9000系甲種以上の規模でありました。私が撮影に向かった所沢5番ホーム飯能寄りも撮影者多数で、甲種が到着する夕刻、私は甲種の停止位置の都合で後方で撮影。しかし、前方で撮る人がホームの黄色い線の外側へ身を乗り出し撮影していて、後方で三脚を立てて撮影するのは不可能に近かったため、仕方なく手持ちで行いました。数分後に所沢を出発。おかげで大したものは撮れませんでした。

Img_7792_1

↑西武30000系JR線内甲種 新鶴見から新秋津までを牽引するのはEF210-111 西国分寺にて

Img_7795_1

↑西武30000系38101F+JR貨物EF210-111 同じく西国分寺にて

Img_7820_1

↑西武30000系38101F+E31 同じく所沢にて

Img_7798_1

↑西武30000系38101F 運転台にはレオのぬいぐるみが 西国分寺にて

Img_7797_1

↑西武30000系の側面 同じく西国分寺にて

↓当ブログ発展の為に1日1クリックの投票をお願いいたしますm(__)m

にほんブログ村 鉄道ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (3)

おかげさまで累計100000アクセス突破!!

毎度当ブログをご覧頂き、誠にありがとうございます。

おかげさまで当ブログは、昨日26日に累計100000アクセスを突破いたしました。昨年2月18日の当ブログ開設から342日目、1年足らずでの100000アクセス到達となりました。にほんブログ村・ブログランキングも、この3ヶ月の間に参加者が増えましたが、未だに上位をキープしております。クリック誠にありがとうございます。引き続きあたたかな1クリックを宜しくお願いいたします。今後も最新の鉄道の話題、あるいは日産の話題を提供すると同時に、当ブログを充実していく方針でおりますので、今後とも何卒宜しくお願いいたします。

↓是非こちらの方にも1クリックご投票下さいm(__)m

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0)

今好きなタレントはズバリ「ヤスケン」

プロフィールページにも書きましたが、毎週楽しみに見ているテレビ番組「水曜どうでしょう」(放送中なのはその再編集版のClassic)。この中でたまに登場するHTB北海道テレビのマスコット「onちゃん」。そのonちゃん着ぐるみの中に入って登場する、ヤスケンこと安田顕さんを今好きなタレントとして注目しています。安田さんは大泉洋さんをはじめとした、こちらも好きな劇団ユニット「TEAM-NACS」のメンバーで、牛乳早飲みが特技(約2秒で飲み干します。水曜どうでしょうの企画「対決列島」、牛乳の早飲み競争で安田さんはがんばり過ぎて牛乳を逆噴射してしまいました)。それに、ハンサムなのにもかかわらず簡単に屁をこけ、たまに全裸にもなる「変態タレント」であります。マルチな才能を持つ安田さん、やはり好きになった理由はそこにあります。その安田さん、「ハケンの品格」「ホタルノヒカリ」(どちらも日テレのドラマ)など、数々のTVドラマに出演。どちらとも大泉さん、安田さん目当てで良く見ていました。そして今年、TV放送中の「エジソンの母」(TBS)にも大人の頃の賢人役、鮎川規子(伊東美咲さん)の友人・佐々木則和役として登場しています。ドラマ公式掲示板でも、安田さんに期待している人が多いようです。更に、今年春始まるNHK朝の連続ドラマ「瞳」にも登場するということで、今後も安田さんに注目していきたいと思います。

このほかにNACSメンバーがよく出る番組をよく見ており、最近は音尾琢真さん出演のドラマ「貧乏男子~ボンビーメン~」(日テレ)、そしてそのネット版スピンオフドラマ「白い貧乏男子」もよく見ています。

↓こちらもどうぞご覧ください!

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【1.24】東急デヤ検測@池多摩線

昨日は久々に鉄道撮影をしてまいりました。この日は東急池上線・多摩川線へ。目的は東急の総合検測車デヤ7200+サヤ+デヤ7290による軌道・電気検測を撮影するためです。この日のデヤは池上線・多摩川線の他に、目黒線でも検測がありました。デヤは時間の都合等で、数枚しか撮れませんでした。7000系の昼間運行も期待してたのですが、朝の運行のみだったようです。

Img_7770_1

↑デヤ初撮影 蒲田にて

Img_7771_1

↑派手な塗装の車両に客も目を引いた 同じく蒲田にて

↓当ブログ発展の為に1日1クリックの投票をお願いいたしますm(__)m

にほんブログ村 鉄道ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NISSAN GT-R(R35) 写真集 3

NISSAN GT-R(R35型)写真集第3編。これでラストにしようと思いましたが、今後写真が増える予定でいるので、今後もう1ページ作ることにいたしました。このページでは、エンジンや足回り関連の写真をご覧に入れます。

Img_6948_gtr_premium_edition07_r35_

↑GT-R専用に設計されたV6 3.8L VR38型ツインターボエンジン

Img_6949_gtr_premium_edition07_r35_

↑エンジンは清潔な工場で匠の手によって組み立てられている

Img_6950_gtr_premium_edition07_r35_

↑空気の吸入口

Img_6966_gtr07_r35_1

↑温まった熱の排出口

Img_6957_gtr07_r35_1

↑フロントフェンダー横のダクトは空力特性の向上に寄与している

Img_6961_gtr07_r35_1

↑リヤのアルミ製デュアルエキゾーストパイプ

Img_8126_gtr_black_edition07_r35_1

↑ランフラットタイプの20インチタイヤ ホイールキャップの色はグレードにより異なっており、これはPremium editionとBlack edition用のホイール

Img_8127_gtr07_r35_1

↑こちらはベースグレード用のホイール

Img_6955_gtr_premium_edition07_r35_

↑ブレンボ製キャリパー採用の大径・大容量ブレーキ

(2.21 写真差し替え・追加)

▼そのほかの写真

NISSAN GT-R(R35) 写真集 1」エクステリアの写真

NISSAN GT-R(R35) 写真集 2」インテリアの写真

NISSAN GT-R(R35) 写真集 4」車両細部の写真

↓当ブログ発展の為に1日1クリックの投票をお願いいたしますm(__)m

にほんブログ村 車ブログへにほんブログ村 車ブログ 日産へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SKYLINE スカイライン・セダン(V36)写真集 2

12代目スカイライン・セダン(V36型)写真集、ここではインテリア・エンジン、また車細部の写真をご覧に入れます。

Img_2859_skyline_250gtv36_06_1

↑インテリア・コクピット部 内装色はシルキーエクリュ フィニッシャーはアルミ グレードは250GT

Img_2858_skyline_250gt_typepv36_06_

↑この内装色もシルキーエクリュだがフィニッシャーは本木目 グレードは250GT Type P

Img_2886_skyline_350gt_type_sv36_06

↑シートは本革と織物の2種 写真は織物 内装色はブラック グレードは350GT Type S

Img_7384_skyline_350gt_type_sp_50th

↑こちらはスカイライン生誕50周年記念の特別仕様車 350GT Type SP 50th Limitedのシート
記念ロゴが刻まれた赤色の特別シート

028_skyline_370gt_type_sp08_v36_1

↑2008年の改良で設定されたマニュアルモード付電子制御7速AT グレードは370GT Type SP

Img_2852_skyline_vq25hrv36_06_1

↑新開発V6・2.5LのVQ25HRエンジン

Img_2861_skyline_vq35hrv36_06_1

↑V6・3.5LのVQ35HRエンジン

025_skyline_370gt_type_sp08_v36_1

↑改良で3.5Lと入れ替わりで搭載されたV6・3.7LのVQ37VHRエンジン

Img_2887t_skyline_350gt_type_sv36_0

↑350GT Type Sのフロントに履かれる225/50Rの18インチタイヤ

Img_2857_skylinev36_06_1

↑先代V35型に似た形状のリヤテールランプ

Img_2865_skyline350gt_type_spv36__2

↑点灯するとスカイラインの特徴である丸型が現れる

030_skyline_370gt_type_sp08_v36_1

↑リヤの「370GTエンブレム」 2008年改良モデル・370GT Type SP

エクステリアの写真は…「SKYLINE スカイライン・セダン(V36)写真集 1

↓当ブログ発展の為に1日1クリックの投票をお願いいたしますm(__)m

にほんブログ村 車ブログへにほんブログ村 車ブログ 日産へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東急7000系、本格的な営業開始

東急池上線・多摩川線系統の新型車7000系が、営業運転を開始しました。今年度投入分2本のうち、1本目7101Fは昨年12月25日より、2本目7102Fは今月9日より営業をそれぞれ開始しています。開始当初は朝のみの稼働でしたが、最近になってから、いよいよ昼間の運用にも進出し、東急7000系の本格的な稼働が始まりました。

Img_7682_1

↑かつての東急車の車体色である緑が基調の東急7000系7102F 多摩川~沼部間にて

Img_7684_1

↑前面にはデビュー記念ヘッドマークが貼られている 同じく多摩川~沼部間にて

↓こちらもどうぞご覧ください!

にほんブログ村 鉄道ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラスト・ラン…東急東横線8000系

遂に長年活躍し続けた東急東横線8000系最後の1本・8017Fの引退の日が訪れました。前回の引退イベント8039Fさよなら運転は、残念ながら撮影できませんでしたが、今回は何としてでもということで撮影に向かいました。向かってみたら、予想以上に大勢の撮影者が沿線各駅カメラを構えていました。というわけで、今回の撮影は駅撮りの他に、区間撮りも行いました。特に下車した妙蓮寺~東白楽間は撮影者が多く、かつ編成がきれいに撮れそうもない状態で苦戦しました。東横線8000系さよなら運転ですが、ダイヤ設定の都合上、列車は渋谷~元住吉、元住吉~元町・中華街というように、元住吉で行路を区切った形での運転となりました。また特別に、車両前面の行先表示が幕式に変えられ、渋谷方、元町・中華街方両者異なるヘッドマークが掲げられました。

Img_7666_1

↑さよなら運転告知ポスター

Img_7673t_1

↑東横線8000系さよなら運転 渋谷への送り込み回送 自由ヶ丘にて(トリミング済)

Img_7678_1

↑送り込み回送は自由ヶ丘では約1分間停車

Img_7710_1

↑続いては多摩川・丸子橋付近へ 水曜どうでしょうの企画・東京ウォーカーで羽田から田園調布まで徒歩で通った場所である

Img_7701_1

↑多摩川を渡る東急8000系8017F渋谷発元住吉(元町・中華街)行き特急1本目 多摩川~新丸子間にて

Img_7703_1

↑同じく多摩川~新丸子間にて

Img_7711_1

↑今度は元町・中華街発元住吉(渋谷)行き特急1本目を白楽~妙蓮寺間にて 9000系にやや被られました

Img_7734_1

↑元住吉(渋谷)発元町・中華街行き特急2本目 白楽にて

Img_7742t_1

↑ラストは元町中華街発元住吉行き特急2本目 白楽にて(下り列車が少し被ったのでトリミング)

Img_7676_1

↑元町・中華街方のヘッドマークは大きめのものが与えられた

Img_7744_1

↑一方渋谷方のヘッドマークはサイズが小さめ

東横線8000系、39年間おつかれさまでした。

↓当ブログ発展の為に1日1クリックの投票をお願いいたしますm(__)m

にほんブログ村 鉄道ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (2)

Z33に新色・復刻色&特別仕様車登場

日産フェアレディZ(Z33型)に、イヤーカラーとなる「プレミアムブレーズレッド」(特別塗装色)が設定されました。このボディカラーは、塗装表面のクリアー塗装にも色づけしたカラークリアを使用することで、高彩度の鮮烈な赤を表現したものとなっています。また、これまでのZ33で登場した「プレミアムミスティックマルーン」「プレミアムサンシャインイエロー」の2色の特別塗装が復刻。2008年3月末までの期間限定カラーとして販売されます。これと同時に、日産の子会社・オーテックジャパンが手がけた特別仕様車「Type F」が登場しました。Type Fでは、専用となる赤色の本革をシート、ステアリング、シフトノブなど随所に使用し、今までのZ33としては上品な内装を醸し出しています。この他、リヤの19インチタイヤ、フロント/リヤフェンダーモール、レイズ製鍛造アルミホイールなども採用しています。この特別仕様車はクーペのみの設定で、価格は400万円台前半です。

Z33_08

↑Z33 以前限定で登場した「プレミアムミスティックマルーン」他1色が復刻塗装として登場

↓こちらもどうぞご覧ください!

にほんブログ村 車ブログへにほんブログ村 車ブログ 日産へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日産のコンパクト、ノートがマイチェン

今日9日に、日産のコンパクトカー「ノート」(E11型)がマイナーチェンジして登場、16日より販売開始となりました。今回のマイナーチェンジで、エクステリアはノーマルグレードとスポーティーグレードとの区別がはっきりしました。特にフロントでヘッドランプ、エンジンフード、グリル、バンパーの形状を一新。顔つきが大きく変わりました。フロントグリルは2種類となり、ノーマルグレードではボディカラーにあわせたボディ同色orガンメタグリル、スポーティグレードではスモークメッキとなっています。インテリアではシート表皮が見直され、上質感向上。また、汚れや濡れに強い撥水加工シートも用意されます。後席では、カップホルダー2個付のセンターアームレストが新設されました。メーターは開口と文字を拡大し、視認性が大幅に向上しました。メカニズムでは、HR15DEエンジン+エクストロニックCVTの改良と同時に、セレナで設定された新燃費測定基準「JC08モード」が採用されました。燃費は1015モードで19.4km/L、JC08モードで17.6km/Lという低燃費となっています。ノートでは他に、約8万プラスの特別仕様車「Plus navi HDD」も用意されます。価格は135万4500円~186万5850円。月販目標は4000台です。宣伝では、話題のアニメ「The World of GOLDEN EGGS」のキャラクターたちが登場します。

E11_08

↑顔つきが大きく変わった新型ノート

Img_2880_note_15ee11_05_1

↑こちらは旧型ノート(15E)

↓是非1日1クリックご投票下さい!

にほんブログ村 車ブログへにほんブログ村 車ブログ 日産へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NISSAN GT-R(R35) 写真集 2

NISSAN GT-R(R35型)の写真集。エクステリア編に続いて、今回はインテリア編です。

Img_6988_gtr07_r35_1

↑GT-Rベースグレードのコクピット 内装色はグレー

Img_6985_gtr_premium_edition07_r35_

↑Premium editionのコクピット 内装色はブラック

Img_6969_gtr_black_edition07_r35_1

↑Black editionのコクピット 内装色はブラック

Img_6987_gtr07_r35_1

↑ホールド性の良いバケットシート シート色は2色あり写真はグレー GT-Rベースグレード

Img_6984_gtr_premium_edition07_r35_

↑こちらはブラックのシート グレードはPremium edition 

Img_6973_gtr_black_edition07_r35_1

↑こちらは細部に赤のラインが入ったBlack edition専用シート

Img_8131_gtr_premium_edition07_r35_

↑前席に座ったときの視界はこんな感じ

Img_6983_gtr_premium_edition07_r35_

↑コンビメーターは噛み合ったギヤをモチーフにしているという グレードはPremium edition

Img_6972_gtr_black_edition07_r35_1

↑先代のR34GT-RでもあったマルチファンクションメーターがこのR35でも採用された グレードはBlack edition

Img_8132_gtr_premium_edition07_r35_

↑これは坂道発進時に有効なヒルスタートアシストのノブ

Img_6974_gtr_black_edition07_r35_1

↑アルミ製ペダル グレードはBlack edition

Img_8130_gtr_premium_edition07_r35_

↑ドアの内側

Img_6975_gtr_black_edition07_r35_1

↑スーパーカーとしては大きなスペースのトランクルーム グレードはBlack edition

(2.26 写真追加)

▼そのほかの写真

NISSAN GT-R(R35) 写真集 1」エクステリアの写真

NISSAN GT-R(R35) 写真集 3」エンジン等の写真

NISSAN GT-R(R35) 写真集 4」車両細部の写真

↓当ブログ発展の為に1日1クリックの投票をお願いいたしますm(__)m

にほんブログ村 車ブログへにほんブログ村 車ブログ 日産へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

常磐線臨時快速・エアポート常磐運行

この年末年始、常磐線上野~我孫子~成田空港の間で臨時有料快速「エアポート常磐」が運行されました。列車は朝晩各1往復ずつ運行。途中、北千住・松戸・柏・我孫子という常磐線の主要駅と、空港第2ビルに停車。使用車両は、国鉄色の183系大宮車6両が使われました。そのためか、沿線各所では多数の撮影者がいました。その中で今回エアポート常磐3号を、南柏で撮影してまいりました。

Img_7651_1

↑常磐線主要駅から成田へ便利な空港直通列車 快速・エアポート常磐 南柏にて

↓当ブログ発展の為に1日1クリックの投票をお願いいたしますm(__)m

にほんブログ村 鉄道ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

正月恒例!京急大師線車両に大師HM

皆様、あけましておめでとうございます。本年も当ブログを宜しくお願いいたします。

さて新年最初は、川崎大師の初詣客でごった返す京急大師線の話題です。正月恒例となっておりますが、京急大師線運行車両に2008年の干支である「ねずみ」をイメージしたイラストの川崎大師の干支ヘッドマークが取り付けられました。ヘッドマークデザインは2種類あり、1つは凧とねずみを模したもの、もう1つは袴を着たねずみを模したものです。というわけで、このヘッドマークを撮るために、京急川崎とそのお隣港町で“初撮り”を行いました。

Img_7640_1

↑毎年恒例・川崎大師の干支ヘッドマークを付けた京急旧1000形1321F 港町にて

Img_7639_1

↑京急旧1000形1317F 同じく港町にて

Img_7641_1

↑京急1500形1517F 同じく港町にて

Img_7645_1

↑京急1500形1505F 同じく港町にて

Img_7647_1

↑袴を着たねずみを模したデザインのヘッドマーク

Img_7646_1

↑凧とねずみを模したデザインのヘッドマーク

↓1日1クリックの投票にご協力願いますm(__)m

にほんブログ村 鉄道ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »