« JRE331系 試運転で久々の京葉線走行 | トップページ | 西武6000系が副都心線試運転運用に »

西武6156FがHM付秩父札所総開帳号に

秩父・羊山公園の芝桜も見頃を過ぎ、芝桜シーズンが終了。西武池袋線6000系6156Fに装飾されていた芝桜のラッピングは剥がされました。そして今度は、今まで中間車5両に装飾されていた秩父札所総開帳のラッピングのみ残され、芝桜ラッピングされていた車両には秩父札所総開帳のラッピングを施し、さらに前面には特製ヘッドマークを付けた「秩父札所総開帳号」として再び営業に入りました。どうでしょうマニアの自分としては、札所めぐりというと四国88箇所というイメージが強いのですが、秩父の方は特別な期間にのみ厨子の扉が開かれる貴重な巡礼めぐりだそうです。この秩父札所総開帳は7月18日まで。この期間までヘッドマーク、ラッピングされるのかどうか注目です。

Img_9779_1

↑秩父札所総会帳号の西武6000系6156F 大泉学園にて

Img_9780_1

↑オリジナルのヘッドマーク

↓当ブログ発展の為に1日1クリックの投票を!m(__)m

にほんブログ村 鉄道ブログへ

|

« JRE331系 試運転で久々の京葉線走行 | トップページ | 西武6000系が副都心線試運転運用に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232890/20936752

この記事へのトラックバック一覧です: 西武6156FがHM付秩父札所総開帳号に:

« JRE331系 試運転で久々の京葉線走行 | トップページ | 西武6000系が副都心線試運転運用に »