« ブログ更新停止中のお知らせ | トップページ | お待たせしました。ブログ本更新再開 »

衰退傾向のAPSカメラ…久々に手に取る

私は最近になり、写真撮影にはAPSカメラを使用しています。現在デジカメ、アナログ一眼故障により、使えるカメラがAPSに限られてしまっています。
使っているAPSカメラは富士フィルムのコンパクトカメラで、購入は約10年前。まだ鉄道ファン成り立ての厨房の頃、使い捨てカメラからこのAPSへと移行しました。APSを使用するのは実に6年振りで、その間一眼→デジカメと購入して使用してきました。APSに使用するフィルムは写真屋で購入してきますが、そのフィルムもAPS最盛期に比べ置いている数は少なくなり、種類も感度400-25枚撮1種類のみとなっていました。デジカメの普及でAPSの存在感も薄れてしまった今日、一昔前のカメラで何か懐かしさを感じながら、今もAPSを使用しています。

さて故障中のデジカメの方ですが、デジカメは修理で見ていただいた所内部が完全にいかれており、これには約4万の修理費用が…。これは直すより買った方がよいとのことで、後々新品を買うことにしました。いつ買うかはまだはっきりしませんが、金がたまり次第購入予定です。それまではアナログカメラで撮影することにしております。
また一眼は、一回修理に出したのですが直ってないようなので、もう一回見てもらう予定でいます。

(11.28一部修正)

|

« ブログ更新停止中のお知らせ | トップページ | お待たせしました。ブログ本更新再開 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ブログ更新停止中のお知らせ | トップページ | お待たせしました。ブログ本更新再開 »