« JR209系ウラ38編成 長野へ廃車配給 | トップページ | メトロ線へ日帰り散策…臨時特急メトロおさんぽ号 »

緑帯のない理由とは?…東急5000系11両甲種

東急田園都市線用5000系5118Fの中で4号車を除く9両と、5101Fに組み込む6扉車5501・5801号の合計11両が東急車輌製造で落成。この新車の甲種輸送が17日から19日行われました。17日は逗子から新鶴見経由で八王子まで、翌日は18・19日と2日に分けて、5両あるいは6両で八王子から長津田まで輸送されました。17日の新鶴見~八王子間の牽引はEF65形の試験塗装機・EF65-1059が充当されました。

今回製造された5118F、普通車体上部と前面車番横にラインカラーがつく5000系ですが、この編成では、6扉車以外の車両すべてそのラインカラーがありませんでした。これには何か理由があるようで、東横線一時配備説TOQ-BOX化説が上がっています。私の見解としては、甲種輸送時の編成の組み方(5118Fの6扉車が、最初から5号車・8号車に組み込まれる状態の形になっている)からして、後者になるのではないかと予想しています。果たして実際どうなるのでしょうか…。

047_1

↑17日の甲種にEF65-1059が充当 谷保にて

050_1

↑谷保での後追い

052_1

↑5118F6扉車にはラインカラーがあるが… 八王子にて

051_1

↑なぜか4扉車にはラインカラーがない 同じく八王子にて

060_1

↑5118側から 前面にもラインカラーはない 同じく八王子にて

↓当ブログ発展の為に1日1クリックの投票を!m(__)m

にほんブログ村 鉄道ブログへ

|

« JR209系ウラ38編成 長野へ廃車配給 | トップページ | メトロ線へ日帰り散策…臨時特急メトロおさんぽ号 »

鉄道:東急電鉄・横浜高速鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232890/28197283

この記事へのトラックバック一覧です: 緑帯のない理由とは?…東急5000系11両甲種:

« JR209系ウラ38編成 長野へ廃車配給 | トップページ | メトロ線へ日帰り散策…臨時特急メトロおさんぽ号 »