« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

まさかの往年カラーで出場…西武101系261F

先週、西武多摩湖線用101系261Fが武蔵丘車両検修場から検査出場しました。この261F、意外なことにN101系登場当時の車体色になりました。前面窓周りはベージュ、側面窓周りは妻部までベージュに塗装したツートンカラーとなっています。西武の公式サイトなどで何の告知もなく、突如このリバイバルカラーが登場しましたが、一体どういう目的なのでしょう…?

006_1

↑全検と同時に往年の旧塗装で出場した西武261F 一橋学園にて

062_1

↑更新車と旧塗装の組み合わせは初めて 萩山にて

004_1

↑前面窓周りは登場当時のベージュに 一橋学園にて

066_1

↑側面もベージュとイエローのツートンカラーに 萩山にて

ブログランキングに1クリック投票を!m(__)m

にほんブログ村 鉄道ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北総車初の上野乗り入れ…ほくそう春まつり号

昨日、北総線千葉ニュータウン中央駅周辺で北総線開業30周年記念「ほくそう春まつり」が開催されました。これにあわせて、京成上野駅から春まつり会場の千葉ニュータウン中央への直通特急「ほくそう春まつり号」が運転されました。このような京成上野⇔北総線という列車は現在設定されていませんが、今回この臨時列車でこれまでなかった直通運転が実現しました。使用車両は北総9100形「C-Flyer」9108F。同車は北総鉄道所属車両全車通じて、今回の臨時列車で青砥~京成上野間に初めて入線しました。

京成沿線には数多くのファンが来ていました。特に青砥~京成上野間は多かったに違いありません。私が撮影に行った青砥も同業者が多く来ておられました。また、同駅にいた作業着を着た関係者も写真を撮ったり、デジカムをまわしていました。

010_1

↑北総車上野乗り入れ、上野~北総直通とサプライズの多い臨時特急「ほくそう春まつり号」

015_1

↑青砥を出発する

003_1

↑青砥駅の発車案内 千葉ニュータウン行き自体現在設定されていない

また、今月23日から28日の6日間、北総7300形・7500形に「ほくそう春まつり」開催・北総線開業30周年記念のヘッドマークが貼り付けられました。今年の春まつりヘッドマークは、直径40cmとやや小ぶりです。なおこのヘッドマーク、臨時特急「ほくそう春まつり号」にも付けられました。

069_1

↑今年も貼り付けられたほくそう春まつりのヘッドマーク 7808F 八広にて

057_1

↑こちらは7500形7503F 同じく八広にて

062_1

↑今年のヘッドマーク

こちらご覧ください

にほんブログ村 鉄道ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最後の1本が東西線へ…メトロ07101F転属甲種

ホームドアピッチの都合で有楽町線ではお役御免とされた東京メトロ07系。5000系の置き換え・増発目的でこれまで6本中5本が東西線へ。そして先日、残る1本07101F東西線へと転属、その甲種輸送が綾瀬から武蔵野線経由・八王子折り返し、中野まで行われました。牽引はEF65-1084でした。

07101Fは、有楽町線での営業離脱、新木場CRで一部東西線仕様に改造した後、一時期予備不足で悩む千代田線で救済処置として運用入り注目を集めました。営業といってもほとんど平日朝ラッシュ時限定ということで、狙える確率は少なかったです。そして、再度新木場CRでの改造で完全東西線仕様となり、同線へと運ばれたわけです。いろいろと記録を残した07101Fです。

甲種撮影の方は、春休みということで沿線どこも同業者が多く、苦戦しました。東所沢で20名以上はいたでしょうか。今回そこと、八王子で撮影。途中甲種を追い抜けたので立川でも撮ろうかと考えましたが、やめました。

051_1t

↑EF65形に牽かれ07101Fが一路八王子へ 東所沢にて

052_1

↑07101Fが東西線へ これですべての07系が東西線所属となった 同じく東所沢にて

054_1

↑甲種が八王子に進入

056_1

↑EF65-1084+07101F 同じく八王子にて

058_1

↑八王子に停車する07101F

075_1

↑相模線205系とも顔をあわせた

ブログランキングに1クリック投票を!m(__)m

にほんブログ村 鉄道ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

西武6115F、性能確認で副都心線試運転

昨日、西武6000系の副都心線直通対応車・6115Fが副都心線での車両性能確認の為、西武線小手指~副都心線渋谷間での試運転(78M)が行われました。飯能寄り6115車内では測定機器が積まれ、同車海側からはそれと床下機器を繋ぐコードが出ていました。

044_1_2

↑副都心線をあとにし小手指へと戻る6115F試運転 練馬高野台にて

046_1_2

↑練馬高野台での後追い

↓こちらもご覧ください!

にほんブログ村 鉄道ブログへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

有楽町線7000系7104F検査出場

綾瀬工場に定期検査入場していた東京メトロ有楽町線用7000系7104F検査を終え出場、昨日所属区の和光検車区へと回送されました。7104Fの最近の状態として挙げられるのは、側面のLED行先表示機がおかしいことです。文字が虫食い状態だったり、文字が飛んでいたり…。これは同系7105Fも同様です。これは、今回の検査入場でも直されることはなく、そのままの状態となっていました。

006_1

↑足回りなどがきれいになった7104F ホームグラウンドへ帰る 綾瀬にて

007_1

↑綾瀬でJR203系と並ぶ

019_1

↑出場回送が和光市へと進入する

008_1

↑側面LED表示機は未だおかしな状態

最後に、風邪気味で記事作成できなかった1ヵ月前の7104F入場回送も、一応載せておきます。

012_2

↑この日は悪天候 その中での回送 綾瀬にて

ブログランキング1クリック投票を!m(__)m

にほんブログ村 鉄道ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西武2000系2093F更新完了…南入曽へ帰還

東急車輌製造において車両更新工事を受けていた西武2000系2093Fが、工事を終え同所を出場。その甲種輸送が24日行われました。経路は、JR線内は逗子から新鶴見経由で新秋津まで、西武線内は新秋津から小手指で折り返し南入曽まで輸送されました。牽引機はJR線内はEF65-1101、西武線内はE34+E31が担当しました。

撮影は、E31形重連回送・JR線内甲種・西武線内甲種を撮影。E31形重連回送は文句なく無事に撮影できました。その次のJR線内。西国分寺で撮影しましたが、甲種通過直前後ろから貨物が通過。その貨物が長いこと長いこと。甲種は被るのかと心配しましたが、やはり少し被られました。そして西武線内。撮影することとなった所沢は、E31の最後の活躍を見守ろうと多くのファンが三脚を用意し待っていました。前回の2055F甲種撮影では、所沢自由通路階段付近で待っていましたが、停止位置はだいぶ前になり撃沈。今回は前回のことも考え、所沢5番ホーム後ろ寄りで待っていました。しかしこれは予想とははずれ、前回の停止位置よりやや後ろとなりました。私の前では高い三脚の山…。そこからは何も撮ることができず、これまた撃沈しました。しかしこの日の所沢、罵声も起こらず平和でした。所沢で悔いが残ったものを巻き返そうと、このあと新所沢へ。1番ホーム入線ということもあり、撮影者の数も少なく、こちらはもっと平和でした。ただ停車時間が僅かということもあり、まともなものはあまり撮れませんでした。今回の撮影をまとめると、やや貧乏くじを引いた気分でした。

054_1

↑2093Fを迎えに行くE34+E31 小手指~西所沢間にて

065_1

↑西国分寺での2093F甲種 長大な貨物に被られ…

069_1

↑更新を終えた2093F 同じく西国分寺にて

073_1

↑夜の所沢へ 三脚非使用での高感度撮影を行いました

085_1

↑新所沢にて 焦っていたのかやや傾きました

089_1

↑E31+2093F

092_1

↑流しで後追いの2093Fを

091_1

↑2393車両番号プレート

こちらご覧ください

にほんブログ村 鉄道ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

廃車が進むJR209系…ウラ31編成も長野へ

昨日、JR京浜東北線・根岸線で活躍してきた209系ウラ31編成が、東大宮から長野へ廃車による配給輸送が行われました。牽引を担当したのはEF64-1031、次位にはクモヤ145-117が連結されました。

撮影は、時間の都合もあり近場の立川で撮影。この日の中央線は信号トラブルによりダイヤが乱れたため、一部列車に遅れが発生しました。配給列車の方は、立川では先行を走る高尾方面行列車が詰まったため、立川構内手前で一時停止。通過が若干遅れました。ということで、やや遠くですが、信号停止中の配給列車も何枚か撮影出来ました。

027_1

↑209系配給が南武線205系とすれ違う

028_1

↑立川構内へと進入する

029_1

↑EF64の次位に連結されたクモヤ145-117

030_1

↑クモヤ145+209系ウラ31編成

ブログランキング1クリック投票を!m(__)m

にほんブログ村 鉄道ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西武新宿線NRAに朝ドラ「つばさ」ラッピング

今月30日よりスタートする、NHKの新連続テレビ小説「つばさ」。玉木つばさ役・多部未華子さん主演の小江戸・川越を舞台にした平成版ホームドラマです。

この「つばさ」の放送と連動し、今月20日より放送終了の9月まで「つばさ」をPRしたNRA10000系ラッピング電車1編成(10111F)が、ドラマの舞台・川越に通ずる西武新宿線の特急小江戸号で運行中です。車体には、多部未華子さんを中心に出演者の写真や、「ようこそ川越へ」などのメッセージがラッピングされています。

037_10111f_1

↑川越を舞台にしたドラマ「つばさ」のNRAラッピング車 所沢にて

039_10111f_1

↑7号車 10711

040_10111f_1

↑6号車 10611

こちらご覧ください

にほんブログ村 鉄道ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (2)

【3.19】E233系青661編成、修理完了

昨日撮影した臨時回送・検査出場・配給列車です。今回は1個1個記事にするのは面倒なので、ひとつの記事にまとめました。

▼583系N1+N2編成が尾久へ回送

19日、JR583系の仙台車両センター所属N1+N2編成が、翌日運転される団体臨時特急「はつかり」に使用するため、仙台から尾久へ送り込み回送が行われました。

583系はよくTDR臨に充当、しかも早朝夜間に運転されているので、583系の国鉄色を狙える機会がこれまでありませんでした。しかし今回は狙いやすい昼間ということで、撮影することとなりました。送り込み回送は「回送」表示で来るかと思いましたが、「臨時」表示で来ました。

007_1

↑583系が「臨時」表示で回送される 新白岡にて

008_1

↑新白岡での後追い

▼EH500-24+DD51-1803が大宮出場

JR貨物大宮車両所に入場していた仙台総合鉄道部所属EH500-24と愛知機関区所属DD51-1803が、昨日出場しました。なおこの出場回送には、EF65-1059が牽引を担当しました。

出場は、大宮で列車乗り換えの際に目撃。DE10ばかり見てきた自分にとって、DD51を見たとき何か新鮮味を感じました。それにEH500の組み合わせということで、迷わず撮りました。

017_1

↑大宮を出場したEH500-24とDD51-1803

015_1

↑DD51-1803

▼E233系青661新編成配給輸送

青梅・五日市線用E233系の中で、青梅線内踏切での衝突事故で大きな被害を受けた青661編成。今回被害を受けた1~5号車は解体、被害を免れた6号車E232-519のみ解体せず新津車両製作所へ。同製作所で1~5号車を「修理」扱いで新製し、既存の6号車を連結。この形で「新」青661編成6両を成立させました。今回修理を完了させ、新津から所属区の豊田まで配給輸送されました。牽引機はEF64-1031でした。

撮影は宮原でもよかったのですが、特に後追いの青661編成がきれいに撮れるような形にしたかったため、上尾で撮影することにしました。あそこはマンションの影がよく入る場所で、あまり好みの撮影地ではないのですが・・・。

023_1

↑新・青661編成が豊田へ運ばれる

024_1

↑写真手前5両が修理扱いの新製車

こちらご覧ください

にほんブログ村 鉄道ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JR209系ウラ35編成、蒲田へ回送

昨日、JR京浜東北線・根岸線用209系ウラ35編成が、南浦和から蒲田へ03Aでの回送が行われました。この日は同系ウラ39編成の廃車配給もありましたが、時間に間に合わなかったので撮れませんでした。

012_1

↑山手線の並走区間をゆくウラ35編成の回送 御徒町にて

お詫び

昨日より公開しましたこの記事で、ウラ35編成回送を東大宮操車場疎開と書きましたが、これは誤りでした。大変失礼いたしました。今日この記事については訂正いたしました。

こちらご覧ください

にほんブログ村 鉄道ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年度4本目の東武50050系・51064F甲種

東武伊勢崎線、半蔵門線・田園都市線直通用50050系51064Fが、先日日立製作所笠戸工場で落成。この車両の甲種輸送が、16日から17日にかけて山口県下松から埼玉県熊谷貨物ターミナルまで行われました。東海道区間の牽引は、EF66-44が担当しました。これまでの東武50000系統甲種は土日に行われましたが、今回は珍しいことに平日に行われました。

最近になり東武30000系は、50050系増投入による地上車転用が再び始まり、半蔵門線・田園都市線直通からまもなく撤退しようかというところまで、30000系直通車が減りました。今回の増備で、さらに30000系の半蔵門線・田園都市線直通を見る機会が減りそうな気がします。

今回の撮影は、静岡地区の東海道線としては初めて草薙まで足を踏み入れました。草薙で撮影後、そこから先回りをし函南でも撮影をしました。

021_1

↑EF66-44が牽引する東武51064F甲種 草薙にて

027_1

↑51064F+EF66-44 同じく草薙にて

032_1

↑最近になり再び増え始めた50050系、51064F 同じく草薙にて

033_1

↑眩い陽射しを浴びながらゆく東武51064F甲種 函南にて

034_1

↑函南での後追い

ブログランキングに1日1クリック投票を!m(__)m

にほんブログ村 鉄道ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブルトレがまたひとつ姿を消す…富士・はやぶさ引退

東京から九州を結ぶ寝台特急「富士」(東京~大分間)と「はやぶさ」(東京~熊本間)が、13日始発をもって引退しました。

2つの列車の歴史は半世紀近くに及び、その間さまざまな人に様々な思い出を残してきました。私も小さい頃、祖母の家に顔を出しに行く時、東京から下関の間でこの列車を使ったことがあり、ずっと流れる車窓を見ていた思い出があります。

そんな数々の思い入れを残してきた「富士」「はやぶさ」を記録しようと、引退間近の沿線には多くのファンなどが駆けつけており、そこを列車が通過すると同時に「ピーッ」と警笛を鳴らしているところは、多くの人に「ありがとう」と伝えているようでした。

いよいよラストとなる12日、最後の雄姿を撮りに東海道線沿線へ向かいましたが、どこもファンが多数。私は2列車は東神奈川で、1列車は田町で撮ることにしましたが、どちらも京浜東北線に被られ撃沈。撮れたのは品川~東京間の回送のみでした。

その翌々日、リベンジとして東京着最後となる9002列車を狙いに、前回と同じく東神奈川へ。通過直前京浜東北線に被られるかと不安げに待っていましたが、今回無事に被らず撮影に成功しました。品川への回送は田町で撮りましたが、田町4番線はホームの端から端までカメラを構えるファンばかり。そんな中での撮影でした。この日は強風のため、80分以上の遅れをもって東京駅に到着しました。

これでまたひとつブルートレインが姿を消し、残すブルートレインはあと4つとなりました。

▼12日の様子

037_1t

↑2列車の運転を終え、品川への回送 田町にて

039_1t

↑後部の幕は「はやぶさ」となっている 同じく田町にて

080_1

↑夕刻、東京へ向けて回送 同じく田町にて

081_1

↑上の後追い

▼14日の様子

033_1_2

↑富士・はやぶさ、東京へ向け最後の力走 東神奈川にて

034_1_2

↑後部の幕は「富士」となっている 同じく東神奈川にて

035_1

↑多くのファンに見守られ、品川へと回送される 田町にて

040_1_2

↑最終日は客車両先頭部に反射板を装着しての運行となった 同じく田町にて

こちらご覧ください

にほんブログ村 鉄道ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (2)

京浜東北線E233系・ウラ146編成配給輸送

JR京浜東北・根岸線用E233系1000番台・ウラ146編成が、新津車両製作所で落成。12日、この編成が新津から東大宮操車場まで配給輸送されました。今回の牽引機は、EF64-1031でした。

撮影は北千住でやろうかと思いましたが、これが意外に同駅はたくさんの撮影者が集中。ということなので、撮影者が少なかった松戸で撮影することにしました。

075_1

↑いつものように一度常磐線・武蔵野線を経由し東大宮へ向かう

↓ブログランキングに1クリックの投票をm(__)m

にほんブログ村 鉄道ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東急車輌から久々の新幹線・E3系L67編成甲種

昨日、東急車輌製造から山形新幹線向けE3系2000番台L67編成出場。昨日から今日にかけ、逗子から陸前山王まで甲種輸送が行われました。逗子から新鶴見信号場までの甲種は、DE10-1666が牽引を担当しました。東急車輌から新幹線車両が出場するのは、数年前の秋田新幹線E3系以来ということになると思います。

今回の甲種は、「普通の電車」ではなく「新幹線」。ということもあり、私が行った逗子駅のギャラリーは、ロープを張るほどの多くの人が来ていました。その数も半端じゃない程。駅では一般の人も珍しげに見たり、カメラで撮ったりしていました。逗子ホームから停車中の甲種撮影は横須賀線逗子折り返しの列車が続いたため、残念ながら結局細かなところなどの撮影はできませんでした。また北鎌倉も行きましたが、こちらも半端じゃないほどカメラを構えていた人がいました。

044_1

↑いよいよ逗子に姿を現したE3系L67編成

047_1

↑DE10に牽かれるE3系

057_1_2

↑逗子に停車中のE3系L67編成甲種

056_1

↑甲種時は連結器カバーが開いたままとなり、専用の密着連結器が付けられる

053_1

↑12号車E326 台車は仮台車となっている

059_1_2

↑E217系と並ぶE3系。これも甲種ならではの光景

062_1t

↑いよいよ宮城・陸前山王へ向け出発 北鎌倉にて

063_1_2

↑適当に後追い

↓こちらもどうぞご覧ください!

にほんブログ村 鉄道ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西武N101系 5番目の譲渡先・近江へ甲種

去年末営業離脱となった西武N101系の269Fとクモハ291号の計3両が、近江鉄道へ譲渡甲種輸送されました。西武線内はE31とE34のプッシュプルによる牽引、JR線内はEF65-1066の牽引となりました。西武N101系の他鉄道譲渡は、上信電鉄、秩父鉄道、三岐鉄道、伊豆箱根鉄道に続いて5例目となりました。

今回は、撮る予定だった1週間前の武蔵丘から南入曽への輸送は、風邪気味で寝込んでいたために撮影できず。また、昨日の所沢での出発待ち、所沢から新秋津への輸送も寝坊で撮れず、昨日はE31形返却回送、またJR線内甲種のみの撮影となりました。またこの日は幕張区113系の廃車配給もありましたが、これを撮っていたら時間的に近江甲種に間に合わなかったと判断し、やめました。

003_1

↑輸送を終え武蔵丘へ帰るE31+E34 仏子にて

007_1

↑飯能でスイッチバック、単線に入る 飯能~東飯能間にて

021_1

↑JR線内甲種 EF65形に牽かれて東海道貨物線をゆく 大船にて

023_1

↑後追い 残念ながら前の撮影者がもろに被った・・・。 同じく大船にて

↓当ブログ発展の為に1日1クリックの投票をm(__)m

にほんブログ村 鉄道ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »