« 副都心線1周年…メトロ・西武・東武が記念HM掲出 | トップページ | 西武101系271F 旧塗装になり池袋線を走る »

西武N101系改造・流鉄の新車が登場

流鉄では、西武N101系2両編成を種車に改造されてできた「5000系」を導入。その第一陣が武蔵丘車両検修場から出場、22日に流鉄流山線のターミナル・馬橋まで甲種輸送されました。

西武線内の甲種は、E31形E34+E31の重連で牽引が行われました。20日は小川経由の方向転換を、21日は前日の甲種に備え、所沢側線(6番線)に一日中留置、そして翌日の22日、流山へと旅立ちました。

今回は、21日の所沢留置・22日の西武線内輸送を撮影しました。
所沢留置での停止位置はずいぶん前方寄りで、かなり撮りにくい位置に停車していました。
22日の西武線内輸送。今回は短編成ということで、有名撮影地の陸橋を避け、所沢の大カーブで撮影しました。
同日のE31返却回送は、西武池袋線での人身事故の遅れの影響により、大幅な時変がかかりました。そのため、出発まで所沢側線でパンタを下げて待機していました。返却回送を当初沿線で撮影しようと待っていましたが、外は雨ということもあり、所沢駅ホームへ。所沢での留置中の一枚を撮って撤収しました。

031_1

↑所沢6番線に留置中の流鉄5000系甲種

011_1

↑西武N101が種車となる流鉄5000系

013_1

↑先頭部

026_1

↑E31形に連結される流鉄5000系

019_1

↑クモハ5101

025_1

↑クモハ5001

023_1

↑側面車番表記は西武20000系・N101系/2000系更新車と同じプレートタイプ

022_1

↑車体側面の検査表記 西武では見られなくなったが流鉄ではまだ見ることができる

043_1

↑女性専用車ステッカーなど西武線現役時代のステッカーは残されていた

021_1

↑そして翌日、馬橋へ向けて輸送される

022_1_2

↑後追い

051_1

↑E34+E31武蔵丘返却回送は池袋線の人身事故の影響を受け、一時所沢に留置となった

こちらもご覧ください

にほんブログ村 鉄道ブログへ

|

« 副都心線1周年…メトロ・西武・東武が記念HM掲出 | トップページ | 西武101系271F 旧塗装になり池袋線を走る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232890/30296762

この記事へのトラックバック一覧です: 西武N101系改造・流鉄の新車が登場:

« 副都心線1周年…メトロ・西武・東武が記念HM掲出 | トップページ | 西武101系271F 旧塗装になり池袋線を走る »