« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

西武N2000系車両更新…今度は池袋線の2077F

西武N2000系の大規模な車両更新。
今まで新宿線所属の2047F・2055F・2081F・2093Fが更新されましたが、今回は初めて池袋線所属の2077Fが更新されることとなりました。

その2077Fが今日、更新工事が行われる東急車輌製造(逗子)へと甲種輸送されました。
西武線内の牽引機はE31形E31+E34の重連でした。

今回も早朝、眠たい目をこすりながら所沢へ。
所沢に着いた7時台後半。この時と同時に機関士がパンタを上げ、出発の準備が始まりました。
ということで、所沢駅で2077Fの細部を急ぎ撮影し、有名撮影地の所沢の陸橋へ。
今回は長編成ということもあり、長編成が入りやすい陸橋で撮影しました。

002_1

↑所沢でパンタを上げ出発を待つ2077F甲種

006_1

↑更新される2077F 2000系池袋線所属車としては初更新となる

005_1

↑これも見納め

009_1

↑いよいよ東急車輌へと向かう 隣に日産バサラが写りこみましたが…

039_1

↑甲種後のE31+E34返却回送

こちらもご覧ください

にほんブログ村 鉄道ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (3)

Aloha YOKOHAMA 2009へ…みなとみらい号運転

7月22日(水)から26日(日)まで開催のハワイアンフェスティバル「Aloha YOKOHAMA 2009」。このイベントに合わせて、今回も25日に「みなとみらい号」が運転されました。
今回は、都営三田線高島平日比谷線北千住から元町・中華街への直通電車を、南北線・埼玉高速線浦和美園からは白金高輪まで、終着白金高輪で三田線の臨時列車に接続する「みなとみらいリレー号」が運転されました。
車両は三田線からは都営6300形6334F、日比谷線からは東急1000系1003Fが元町・中華街まで乗り入れました。

今回は最初から東急線内で撮るつもりで、東横線菊名方面へ。同業者も大して多くはなく非常にまったりとしていました。

058_1

↑三田線からのみなとみらい号は都営6334Fが登板

071_1

↑折り返し元住吉方面への回送

072_1

↑日比谷線からのみなとみらい号は東急1003Fが登板

080_1

↑日比谷線ルート折り返し回送は、ニアミスで後追いのみとなりました…

こちらもご覧ください

にほんブログ村 鉄道ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

201系展望車「四季彩」 8年間の活躍に終止符

青梅線で活躍してきた201系改造の展望型列車「四季彩」(W1編成)が、このたび現役を引退することになりました。
そのさよなら運転が7月4日から20日の土休日に運転されました。

私はあまり撮りに行ける余裕がなく、最終日となった20日に撮影することになりました。
この日は、立川~奥多摩間1往復の運転です。
車内には、別れを惜しむファンが乗車し、「さよなら四季彩」と書かれたメッセージなどを掲示していました。
青梅線沿線には、夏休みに入ったこともあり、子供から大人まで多くのファンが訪れてました。ターミナル駅の立川駅も多くの人が最後の雄姿を見守っていました。
豊田~立川間の回送もあり、それも撮りたかったのですが、他の臨時列車などを撮影するために諦めました。

025_1

↑さよなら四季彩号・往路奥多摩行き 西立川では長時間停車

037_1

↑反対側の立川方から

020_1

↑先頭部を

042_1

↑四季彩、最後の走行

064_1

↑続いて復路・立川行き 西立川では側線に入線

076_1

↑立川に到着 ここでも多くのギャラリーが別れを惜しんだ

034_1

↑ヘッドマークは奥多摩方・立川方とで色違いのものが掲示された

027_1

↑方向幕は「臨時」表示

023_1

↑編成番号札下には記念のカードが

069_1

↑復路では車掌台に記念の花束

038_1

↑四季彩思い出の数々

030_1

↑さよなら四季彩・・・

こちらもご覧ください

にほんブログ村 鉄道ブログへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

旧客が横浜を走る…レトロ横濱号@横須賀線

ブログ・ネット障害の問題等で、ずっと記事が書けずに、だいぶ前の話となってしまいました。

先月27日・28日の2日間、横浜ディスティネーションキャンペーンの一環として、横須賀線で旧客車を連結した臨時列車「レトロ横濱号」が横浜~横須賀間で運転されました。列車は横浜方にEF65-501、横須賀方にEF64-1001を連結したプッシュプル形式でした。

大船駅や横浜駅など、当日のギャラリーは数多くのファンが訪れていました。私は28日の日曜日に撮影へ。ところが天候は大雨…。撮影は苦戦しました。

014_1

↑大船に停車中のレトロ横濱号 横浜方の機関車はEF65-501

008_1

↑側面サボ

016_1

↑EF64-1001牽引で横須賀へ向かうレトロ横濱号 同業者多数だったので若干頭が入ってしまいました…

017_1

↑上の後追い

031_1

↑EF65-501牽引で折り返し横浜へ

037_1f

↑高崎への返却回送 ヘッドマークはそのままだった

こちらもご覧ください

にほんブログ村 鉄道ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

変貌する大井町線…溝の口へ延伸開業

今月11日、東急大井町線二子玉川~溝の口間開業しました。

田園都市線の混雑緩和を目的に開業した同区間。今回の開業でこの区間は複々線になり、田園都市線と大井町線の本格的な並走が見られるようになりました。

大井町線の種別にも変化があり、高津・二子新地通過の緑各停、高津・二子新地にも停まる青各停と2種類の各停が設定されました。少し混乱しそうですが、後者の方は、田園都市線鷺沼方面へ直通する列車と日中の一部に設定されています。

また今回の延伸で、東横線で活躍していた9000系9002Fを大井町線に増発分として転属、営業に入りました。

今回は13日、延伸開業後初の平日に撮影に行ってきました。

028_1

↑高津~溝の口間の複々線区間 ここで田園都市線と大井町線の並走が見れるようになった

024_1

↑溝の口の引き上げ線 東武50050系とも顔を合わせる

011_1

↑溝の口に同時入線する大井町線各停と田園都市線急行

032_1

↑高津・二子新地にも停まる青各停溝の口行き

026_1

↑こちらは高津・二子新地通過となる緑各停溝の口行き

036_1046_1

↑高津・二子新地通過となる緑各停の車両側面表示

029_1010_1

↑開業記念ヘッドマークが取り付けられた6000系6103F

048_1017_1

↑開業記念ヘッドマーク(ステッカー)が貼りつけられた8090系8089F

072_1

↑溝の口延伸の増発用として東横線から転属してきた9000系9002F

036_1

↑溝の口延伸で終電の大井町発1本のみとなってしまった各停二子玉川行き

035_1

↑こちらは完全廃止となった急行二子玉川行き

こちらもご覧ください

にほんブログ村 鉄道ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もうひとつのスカイライン…クロスオーバー版が登場

現在セダンとクーペの2種類がある日産スカイライン。そのスカイラインに新しい仲間として、「スカイライン・クロスオーバー」が今日遂に発表・発売されました。
ラグジュアリーなクーペとSUV、この2種類を融合してできた新しいジャンルの車として登場しました。

エクステリアは、クーペとSUVの融合から生まれた流麗で躍動感のある、「地を捉え、宙を駆ける」姿をイメージしデザインされました。

インテリアは、スカイラインの特徴である優雅で上質な内装となっています。
特にソフトタッチの上質な素材、ブラウンの本革シートや本木目パネルが、ラグジュアリー感を出しています。
高位置に配されたシフトノブ、ゆったりとしたくつろぎのロングアームレスト、自然な姿勢で操作できるセンターパネルなど、扱いやすさも重視されています。

エンジンはセダン・クーペに改良時に搭載されたクラストップレベルの高出力・330馬力を発揮する3.7L・VQ37VHR VVELエンジン、これに7速ATが組み合わされます。高回転(7500rpm)まで軽快に吹け上がる伸びの良さを実現したそうです。

先進装備としては、エルグランドやセレナの背高ミニバンに採用されている「アラウンドビューモニター」、これに駐車ガイド機能、フロント/リヤワイドビュー機能、ナビ連動フロントワイドビュー機能を追加した最新型の「アラウンドビューモニター」が搭載されています。
また、不意な車線逸脱を防止する「LDW(車線逸脱警報)」「LDP(車線逸脱防止支援システム)」という機能が搭載されています。
他には、ドライバーに気配りをするものとしてインテリジェントキーを持って近づくとドアミラー内蔵ランプが足元を照らし、フロア足元と室内照明が点灯して乗員を迎えてくれる「ウエルカムライト」も装備されています。

グレードは「370GT Type P」「370GT」、そしてその4輪駆動版の計4グレード。
ボディカラーは、新色「スパークリングロゼシルバー」などの7色が用意されています。
価格は420万円から499万8000円。
月販目標は200台と控えめです。

017_1

↑スカイラインの新ジャンル、スカイライン・クロスオーバー

027_1

↑リヤビュー 写真はエアロパーツ装着車

013_1

↑上質感あるインテリア

018_1

↑フロントシート

写真はすべて日産本社ギャラリーでのプレ展示時に撮影

↓こちらもご覧ください

にほんブログ村 車ブログ 日産へ にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

検査出場の西武6103F 副都心線試運転

武蔵丘車両検修場にて定期検査を受けた西武6000系6103F出場。先週1日に、副都心線乗り入れ試運転が小手指~渋谷間1往復行われました。

今回の検査で6103Fは、6106Fと同様にブレーキの低騒音化が行われました。他に実車に乗って分かったことですが、自動放送の流れるタイミングが早くなった気がします。

011_1

↑台車・屋根上などがきれいになった西武6103F

021_1

↑小手指付近を走る6103Fを一枚 若干傾いてしまいました…

↓こちらもご覧ください!

にほんブログ村 鉄道ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西武101系271F 旧塗装になり池袋線を走る

まずお詫びから。
@niftyココログログイン画面が変わり、ログインできない状態が続きまして、ここ数日、これにより記事が書けませんでした。理由は複数のユーザー名を持っていたということでした。
ご迷惑、ご心配かけてすみませんでした

さて、本題。

旧塗装となって出場した西武101系271F、先日営業復帰しました。今回そのお詫びといってはなんですが、これまでの271F撮影記録をご覧に入れたいと思います。ここ数日303Fに連結して運用に就いていることが多いので、写真もすべて303F連結のものとなっています。

004_271f303f_1

↑西武球場前行きの準急に充当される271F+303F

066_271f303f_1

↑練馬高野台を通過する

029_271f303f_1

↑飯能急行が秋津を通過する

016_271f303f_1

↑西所沢狭山線ホームに入線、西武球場前へ

027_271f303f_1

↑野球輸送を終え小手指へ回送される

032_271f303f_1

↑清瀬で後追い

044_1

↑271Fだけを後追い

こちらもご覧ください

にほんブログ村 鉄道ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »