« 広島遠征SP(6)…ローカル線の主力・105系 | トップページ | 広島遠征SP(8)…EF67も活躍・広島地区の貨物 »

広島遠征SP(7)…芸備線にマリンビュー・広島発着の気動車

広島県のターミナル駅・広島駅からは、芸備線観光用ディーゼル気動車も発着しています。

芸備線は広島から三次方面を結ぶ非電化路線で、主に国鉄形気動車・キハ40形/47形/48形が、一部はキハ120形が広島駅へやってきます。
昼間時の広島口は約20分間隔となっており、快速「みよしライナー」も6往復運転されています。
朝ラッシュ時には、気動車としては珍しく長編成の列車も運行されます。

今回は広島駅で、適当に芸備線キハ47形を撮影しました。

204_1_2

↑芸備線広島口の運行はキハ40形シリーズが主

203_1_2

↑側面表示が先進的なLED式のキハ47形

申請2336857

そしてもうひとつ、広島駅には呉線の観光用気動車「瀬戸内マリンビュー」が出入りします。
運行は朝広島を出発し、三原→広→三原という順に折り返し、夜に広島へ戻ってくるという形態をとっています。
この列車には、キハ47形を観光用に改造した7000番台の「瀬戸内マリンビュー」専用車が使用されます。
呉線は全線電化しており、115系や105系などの電車が走りますが、この「瀬戸内マリンビュー」が呉線唯一の気動車となっています。
車両は、前面には船をイメージしたオール(櫂)ライフブイ(浮き輪)が飾られており、側面は運転室側の乗降扉廃止、海側の窓配置や車内の仕様を変更するなど、大改造が図られています。

そんな「瀬戸内マリンビュー」を、広島と呉線内で撮影しました。

044_1

↑広島の車庫から出庫する「瀬戸内マリンビュー」

049_1

↑「マリンビュー」という名が示すとおり、海をイメージした車両デザイン

244_1

↑櫂と浮き輪が印象的な前面

次は、「セノハチ」を走るあの機関車を取り上げます。

こちらご覧ください!

|

« 広島遠征SP(6)…ローカル線の主力・105系 | トップページ | 広島遠征SP(8)…EF67も活躍・広島地区の貨物 »

鉄道:JR西日本」カテゴリの記事

コメント

http://www.nicovideo.jp/watch/sm15788912

こちらの動画でこのページで使用されている画像が無断で使用されています。

投稿: ルッグン | 2012年6月13日 (水) 10時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232890/31477510

この記事へのトラックバック一覧です: 広島遠征SP(7)…芸備線にマリンビュー・広島発着の気動車:

« 広島遠征SP(6)…ローカル線の主力・105系 | トップページ | 広島遠征SP(8)…EF67も活躍・広島地区の貨物 »