« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

小田急4000形4060F 小田原方4両甲種

昨日、東急車輌製造で落成した小田急4000形4060Fの内の小田原方4両分(4460~4560)の新車甲種輸送が行われました。
経路は逗子~新鶴見~沼津~松田。
牽引機は、新鶴見まではDE10-1664でした。

今回小田急4000形の甲種は初撮影
その前に前回4059Fの甲種を狙いに行ったのですが、その時は東急車輌専用線の架線トラブルで運休。
待っても来ずに断念しました。
今回こそは撮ろうと思い、鶴見へ向かいました。
実は鶴見は、甲種通過時間と京浜東北線南行発車とほぼ同時刻。
被りやすいところ。
どおりに京浜東北南行が来ており、被られると思いましたが、ギリギリ撮影することができました。

011_1

↑小田急4000形 今回は小田原方4両の甲種

こちらもご覧ください!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

JR207系マト71編成・連結訓練で上野入線

引退間近で最近の動向が注目されているJR東日本207系900番台(マト71編成)
先月中旬より営業に就いておらずそのままの状態でしたが、ここにきてようやく動きがありました。
今回207系は、尾久車両センターにおいてゆうマニとの連結訓練をするため、松戸~上野経由~尾久間で回送運転がありました。
廃車回送時の連結訓練だと思われますが、これで一段と207系の廃車への動きが活発になってきました。
また207系はこの回送で、普段は顔を出さない常磐線上野へも顔を出したことになります。

今回は、その尾久から松戸への返却回送を撮影しました。
天気はあいにくの天気でした。

006_1

↑普段走らない快速線上を走る207系

007_1

↑後追いも一応・・・

こちらもご覧ください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メトロ10000系10132F営業開始

先日より、東京メトロ10000系10132F営業運転を開始しています。

昨日の10132Fは、日中の飯能⇔渋谷運用に就いていました。

メトロ10000系は、製造予定本数いよいよ残り3本
増備は佳境にきています。

026_1

↑メトロ10000系はあっという間に32本目

こちらもご覧ください!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

エコ機能や先進装備・日産フーガがモデルチェンジ

今日19日、最上級のデザインとインテリア、そして性能を併せ持つ日産の最高級セダン「フーガ」2代目がようやくデビューしました。
「セドリック/グロリア」に統合されて生まれた初代登場から、約5年ぶりのフルモデルチェンジとなりました。
先日まで開催されていた東京モーターショー(結局行きませんでした)で市販版の全貌が明らかになり、今日ようやく発売の運びとなりました。

エクステリアは、目や心を惹きつけるデザインを追求。
各所に曲線・曲面を使い、躍動感に満ちたプロポーションを造りあげています。
先代に比べ全幅40mm拡大、全高は10mm低くなり、ワイド&ローなスタイルを実現しました。

インテリアは、広く華やかで心地よく仕立てられています。
クラストップレベルの室内空間と共に、シートなど細部にわたって質感の向上を図っています。
シートは欧州プレミアムセダンでも採用されるセミアニリン本革と、高減衰ウレタンを採用し、座り心地を向上させています。

エンジンは、VQ25HR型とVQ37VHR型VVEL機構付きの2種。
VQ37VHR型は最高出力333ps、最大トルク363N・m。
VQ25HR型エンジンは、エコカー減税にも対応しています。

また新たなメカニズムとして、スタンダード/ECOモード/スポーツモード、3つの走りを選べる「ドライブモードセレクター」を設定。
ECOモード選択時には、最大で5~10%の燃費改善ができます。
その他、ECOペダルを採用するなど、環境性能に考慮した装備が付いています。

サスでは、スポーツサスペンションとコンフォートサスペンション、2種のサスも用意されています。
タイヤ・ホイールは245/50R18を標準装備、TYPE Sのみ245/40R20となっています。

他に先進装備として、インテリジェント・ペダル、車線逸脱防止警報のLDW、車線逸脱防止支援のLDP、横滑り防止のVDCなどが装備されています。

今回のフーガ、エアコン機能も特徴的で、2種類のアロマを放出しリラックス効果を高めるアロマディフューザーや、自然のそよ風を再現するゆらぎモードを選択できます。

価格は、399万9000円~550万2000円です。

もう一つ、東京モーターショーで出品されていたハイブリッド版は、来年発売予定です。

Y51_09

↑2代目へと進化したフーガ

こちらもご覧ください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東武TJライナー車両に乗車数100万人突破HM

東武東上線の着席定員制ライナー「TJライナー」
登場から1年と5か月で、乗車数が100万人を突破しました。
これを記念し、TJライナー用車両・東武50090系全車記念ヘッドマーク(ステッカー)が貼りつけられています。
期間は今月いっぱいまでです。

今回は、近所なのにあまり撮ることのない東武東上線で、ライナーを撮るべく、先日初めてバルブをやりました。
ライナーはもちろん、他の車両も撮影しましたが、ここではライナーのみご覧いただきたいと思います。

086_1

↑TJライナー森林公園行き 51093F

097_1

↑TJライナー小川町行き 51092F

こちらご覧ください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小田急MSE臨時特急・メトロもみじ号運転

今月15日・22日・23日の3日間の予定で、千代田線北千住から紅葉の名所・大山の最寄駅である小田急線伊勢原へ直通する臨時特急列車「メトロもみじ号」が運転されました。
1日1往復運転するこの臨時特急は、普段は特急が停車しない伊勢原にも停車します。
使用車種は、小田急ロマンスカーMSE60000形6両編成(15日は60251F)です。

この臨時特急の撮影、15日は他の撮影の都合で復路82号のみの撮影となりました。

075_60251f_1

↑15日のメトロもみじ82号北千住行き

078_1

↑後追いは2000形に被り

こちらご覧ください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【11.15】小田急線での試運転2本を撮る

おととい15日は、小田急線内で2本の試運転が行われました。

■小田急4000形4059F

まずは先月中旬落成・甲種輸送されてきた小田急4000形4059Fの試運転
落成後の性能確認試運転として、海老名~小田原間で行われました。

066_1

↑小田急4000形は9本目

067_1

↑海老名方面へ

■小田急1000形1753F

もう一つは小田急1000形1753F6両
相模大野~伊勢原間で行われました。
試運転理由は不明ですが、相模川の橋梁で一時停止の試験らしきことをしていました。

038_1

↑小田急1000形1753Fも試運転

039_1

↑後追い

こちらご覧ください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西武4000系で運転・秩父サイクルトレイン@2009

西武池袋線池袋から秩父線西武秩父まで、臨時電車に自転車をたたまずそのまま乗車、そして西武秩父駅から秩父市内のサイクリングコースを楽しむサイクルイベント「秩父サイクルトレイン」が、昨年同様に今年も開催されました。
事前公募制となっているこのイベント、毎年多くの応募があるほど人気のこのイベントは、今年で4回目です。
もちろんこれにあわせて、この臨時列車「秩父サイクルトレイン」号が池袋~西武秩父間で運転されました。
今年の使用車種は、西武4000系8両(4007F+4013F)でした。

臨時電車は往復運転されましたが、今回は往路西武秩父行きのみ撮影しました。

005_1

↑秩父サイクルトレイン号 西武秩父行き 撮影は個人的にやや失敗という結果…

006_1

↑後追い

こちらご覧ください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

南武線に黒船電車…伊豆急リゾート踊り子号

今月14日、15日の2日間、臨時特急列車「リゾート踊り子号」が運転されました。
普段は入線しない南武線立川から、南武支線浜川崎経由で東海道線・伊東線〜伊豆急下田へ直通する臨時列車で、使用車種には伊豆急2100系・リゾート21EX「黒船電車」が使用されました。

今回は昨日15日分の往路91号を撮りに、西国立へ向かいました。
立川への送り込み回送通過前は、なんと後ろ(立川方面)から183系マリ32編成の団体臨時列車が通過。
西国立付近ですれ違ったようです。
並びは撮れませんでしたが、黒船の編成写真は無事撮影。
そして伊豆急下田行きの91号。
91号も下り列車に被られるかと心配されましたが、無事撮影できました。

019_1

↑立川への送り込み回送 この先でマリ32編成とすれ違った

020_1

↑一応後追いも

021_1

↑本列車91号

018_1

↑おまけ 送り込み回送通過直前に来た183系マリ32編成による鶴見方面行団臨

こちらご覧ください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紅葉シーズンの奥多摩へ…快速おくたま紅葉号

14日・15日の2日間、新宿~奥多摩間で、臨時快速「おくたま紅葉号」が運転されました。
使用車種は183系OM101編成でした。
今回特別にヘッドマークなどは用意されず、ただの「臨時」表示で、なんとなくさびしい感じでした。

今回、14日15日の往路を撮影しました。

14日

017_1

↑紅葉シーズンの奥多摩へ直通する快速「おくたま紅葉号」

018_1

↑後追い 特急マークが付くOM101編成新宿寄り前面

15日

024_1

↑この日も「臨時」表示

こちらご覧ください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大阪遠征SP(5)…思い出の鉄道・大阪地下鉄(後編)

のんびりと記事を書いてきました広島・大阪遠征記録
ようやくラストとなりました。
長々とお付き合いいただきありがとうございました。
さて、大阪遠征・大阪市営地下鉄の後編ですが、今回は御堂筋線谷町線です。

■谷町線

谷町線では、先述の通り今回の目的である大阪市営地下鉄の最古参・30系最新型・30000系を狙いに行きました。
しかし30000系は、この日見かけることはありませんでした。

128_1

↑22系22609F 平日ラッシュ時のみ見れる喜連瓜破行き

133_1

↑22系のトップナンバー・22601F

134_1

↑元中央線24系の22系22659F

138_1

↑30系のステンレス車・3061F

136_1

↑30系のアルミ車・3044F この編成の大日方の電子笛は他の車両と音色が違う

■御堂筋線

最後に大阪の大動脈・御堂筋線
御堂筋線は、昔沿線住民として多く利用していた、思い入れのある路線
久々に乗り、ちょっと懐かしかったです。

155_1

↑時間の都合で、撮影できた電車はこの一枚のみ

153_1

↑ドーム型天井が特徴の御堂筋線の地下駅

こちらご覧ください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

祝・ふくろう協定 西武4000系にHM

13日から西武4000系2編成(4009Fと4011F)に、「祝・ふくろう協定」のステッカー状のヘッドマークが貼りつけられました。
このふくろう協定ヘッドマーク電車、昭和58年に姉妹都市提携をしている豊島区と秩父市が、池袋駅と西武秩父駅が直結された西武秩父線開通40周年を記念して、両区市の友好関係を深めるため、豊島区池袋のシンボル「梟(ふくろう)」と、秩父市・秩父神社の「北辰の梟」にちなみ、「ふくろう協定」として新たな友好都市協定を結ぶことを記念して、この電車が運行されました。
なおこのヘッドマーク、来月3日までの予定となっています。

「北辰の梟」といえば、4000系4021F・4023Fの北辰の梟ヘッドマーク、一体いつまで付けられるのでしょうか?
もう長いこと貼り付けられていますが…。

012_1

↑ふくろう協定のヘッドマークが付いた4009F+4011F

001_1

↑快速急行に充当されるふくろう協定ヘッドマーク電車

002_1

↑スマイルトレイン30000系との並び

※09.11.16 画像追加

こちらご覧ください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

終焉迫る京王3000系…井の頭線撮影記

京王井の頭線では、現在1000系の投入が続いており、3000系が続々と捻出されています。
3000系は10日現在で残り3本
引退も秒読みです。
そこで、今回その3000系を求めに、10日朝ラッシュの京王井の頭線へ撮影に向かいました。
今回は撮影したものの中から、ほんの一部をご覧いただきます。
この日の3000系は2本稼働、1本予備でした。

023_1

↑3000系3728F

018_1

↑3728Fを後追いで

006_1

↑3000系3729F

037_1

↑3729Fを後追いで

014_1

↑約1週間前から営業開始した1000系の最新編成・1731F

016_1

↑その次に新しい1000系・1730F

019_1

↑1000系1703F

020_1

↑1000系1728F

030_1

↑1000系でお気に入りのカラー・1727F

これの撮影後、車内から永福町付近を見たところ、すでに次なる1000系・1732Fの搬入が行われていました。
今年度は結構速い投入ペースの1000系。
これによりまた1本3000系が離脱することになりそうです。

こちらご覧ください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西武301系311F 新宿線で試運転

昨日10日、西武新宿線所属301系311Fが、同線内で試運転を行いました。
経路は南入曽~本川越間の1往復でした。

撮影時はあいにくの曇り空。
撮影は少し苦戦しました。

060_1

↑301系311Fが試運転を行う まずは往路

063_1

↑そして復路

こちらご覧ください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西武スマトレ38106F 試運転で新宿線を走る

今月初めに甲種で西武に到着した西武30000系「スマイルトレイン」38106F
この編成が7日、西武新宿線内で性能確認の試運転が行われました。
経路は南入曽~西武新宿~本川越~南入曽(入庫)南入曽~本川越~南入曽でした。
38106Fの所属は新宿線か池袋線か気になるところですが、どうやら状況からして新宿線所属となりそうです。

028_1

↑午前の部の試運転に臨む38106F やや傾き撃沈…

029_1

↑午前の部は各駅に停車

045_1

↑午後の部は南入曽~本川越間通過運転

こちらご覧ください!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

新宿こ線橋架け替え工事で中央線など一部運休

おととい7日、新宿駅南側のこ線橋架け替え工事を実施。
これに伴い、新宿を走る中央快速線、中央・総武緩行線、埼京線、湘南新宿ライン、さらにりんかい線で一部運休や運用変更、直通運転中止などがありました。
この処置は、7日始発電車から終電車まででした。

中央線では、快速は全列車終日各駅停車で運転。
御茶ノ水~三鷹間は緩行線の線路を走りました。
中央・総武線各駅停車は、東西線との直通を中止
中央本線「あずさ」「かいじ」系の特急は中野発着となりました。

今回は、その中央線を主に撮影してまいりました。

017_1

↑中央快速線は全列車各駅停車で運転

021_1

↑201系も運用に充当

046_1

↑中央線120周年HM付T11編成による各駅停車大月行き

057_1

↑列番もこの日に限り8000、9000番台が与えられた

045_1

↑各駅停車東京行き 側面表示

040_1

↑中央本線特急は中野で折り返し

043_1

↑特急あずさ号中野行き 側面表示

050_1

↑中央・総武線各駅停車も列番は8000、9000番台が与えられた

038_1

↑東西線は三鷹への直通を中止し、すべて中野折り返し 写真はこれによるJR運用の代走に就く05134F

088_1

↑湘南新宿ラインは池袋~大崎間運休 東海道線・横須賀線からの電車は大崎まで

084_1

↑駅の案内表示

こちらご覧ください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メトロ10133F落成・綾瀬へ向けて甲種輸送

東京メトロ10000系33本目・10133Fが山口は日立製作所笠戸事業所で落成し、6日から8日にかけて新車甲種輸送が行われました。
経路はいつもの下松~新鶴見~武蔵野・常磐線~綾瀬、下松~新鶴見間の牽引機はEF200-9でした。
この10133F、日立ATSの方は未設置ということで、廃車されたメトロ7000系からの流用となりそうです。

今回の撮影も、つらかったですが沼津方面まで向かい撮影してまいりました。

069_1

↑EF200-9に牽かれ新鶴見方面へと走るメトロ10133F甲種

070_1

↑メトロ10133F

073_1

↑沼津で停車中の一枚を

074_1

↑EF200-9+10133F

078_1

↑メトロ10133F甲種が沼津を発車する

こちらご覧ください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メトロ10132F 千代田線内で試運転

2週間前に落成され甲種輸送されてきた東京メトロ10000系10132F
綾瀬での整備を終え、千代田線北綾瀬~霞ヶ関間1往復の性能確認試運転を行いました。
この編成、日立ATS装置は新製でした。

この試運転を撮るべく、朝急ぎ北綾瀬へ。
到着時にはすでに綾瀬検車区を出庫し、構内入線待機中の状態。
既に同業者2名(おそらくseries05様らと。顔を存じておらず、声かけられなくてすみませんでした。)がいらっしゃっておりました。
肝心の入線撮影はなんとか出来、これで撤収しました。

002_1

↑検車区を出庫し北綾瀬構内入線待ちの10132F

004_1

↑いよいよ北綾瀬構内へ

008_1

↑綾瀬方面へ発車

005_1

↑車内からは床下機器へのコードが ちなみに日立ATSは新製

こちらご覧ください!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

大阪遠征SP(4)…思い出の鉄道・大阪地下鉄(前編)

大阪遠征
大阪環状線を後にし続いて向かったのは、「思い出の鉄道」大阪市営地下鉄です。

なぜこれが思い出の鉄道かというと、私が鉄道ファンに本格的に溶け込んでいったきっかけを作った最初の鉄道だったからです。
私が約10年前、大阪の御堂筋線沿線に住んでいた当時、同線を走る21系のサウンドが五感を刺激したもので、あの音は個人的に大好きでした。
それ以来、その車両のみならず、大阪市営地下鉄全般を好きになり、今でもその思いは変わっていません。
そんな大阪市営地下鉄を、今回の遠征で思い出を再び蘇らせたいと思い、訪れました。

今回、御堂筋線、谷町線、中央線、長堀鶴見緑地線、そして一番新しい路線・今里筋線にて、数枚撮影しました。
まずはその中から中央線、長堀鶴見緑地線、今里筋線です。

大阪地下鉄の撮影は平日の夕刻。
そして大阪遠征は日帰りということがあり、時間も限られていたので、中央線は高架区間で撮影したかったのですが、地下区間のみでの撮影となりました。

■中央線

西は大阪ベイエリア、東は京阪奈学研都市地区を結ぶ中央線
中央線では20系、24系、そして乗り入れ先の近鉄けいはんな線7000(7020)系が走っていますが、今回そのトップナンバー3本を見ることができました。

142_1

↑20系2601F この編成は当初三社三様のGTO-VVVFが搭載されそれぞれ異なった音を出していたが、高速化対応で日立製IGBT-VVVFに交換された

149_1

↑新20系シリーズ・24系のトップ、24601F

152_1

↑近鉄けいはんな線の車両・7000系7101F

141_1

↑近鉄7000系同士が並んだ

■長堀鶴見緑地線

日本初のリニアモーター式地下鉄・長堀鶴見緑地線は、来年度ホームドア設置が予定されていることから、きれいに車両を撮れるのはいまのうちという状況でした。

124t_1

↑長堀鶴見緑地線はこの70系1車種のみ

123_1

↑70系車内案内表示ではこんな表示も出る (※画像をクリックしてもポップアップはいたしません)

■今里筋線

3年前に開業した大阪で一番新しい地下鉄・今里筋線
こちらは乗りませんでしたが、写真だけは収めようと思い立ち寄りました。

148_1

↑長鶴線と同じリニアモーター式地下鉄の今里筋線では80系が活躍

145_1

↑乗降口上部に付いている関東にはない先進的なモニター式の発車案内

こちらご覧ください!

| | コメント (0) | トラックバック (4)

大阪遠征SP(3)…103系を求めて・大阪環状線

大阪遠征の続きです。

東海道本線を撮影した後、続いて向かったのは大阪環状線です。
線名の通り、線内の環状運転はもちろんのこと、東京の山手線とは違い、環状線でありながら新大阪・京都方面、奈良・和歌山・関西空港方面へ直通する快速・特急電車、さらにユニバーサルシティ方面への直通電車が環状線の線路上を走るという、活気ある路線です。
大阪環状線内の環状運転には、古参の103系・201系が現役で頑張っています。

今回の遠征、広島に続いて、大阪でも103系狙いです。
103系は関西地区では大阪環状線の他に、阪和線、関西本線、おおさか東線などで見れますが、今回はその中で大阪環状線の103系を狙おうと、同線へと向かいました。
撮影に向かった時間は夕刻。
この時間、薄暗い曇り空という悪天候でした。

099_1

↑大阪環状線103系 写真の111編成は手前のクハ103-850のみが体質改善30N改造車

121_1

↑103系102編成 車両によってそれぞれ違う改造が施されている

100_1

↑103系体質改善車 111編成の場合クハ103-850以外の7両が体質改善車

105_1

↑2005年に大阪環状線に投入された201系 216編成

109_1

↑201系203編成

096_1

↑京橋・大阪方面からユニバーサルシティへの直通列車

110_1

↑関西本線に直通する奈良電車区221系による「大和路快速」

107_1

↑223系2500番台による関西空港・和歌山へ直通する「関空快速・紀州路快速」

097_1

↑丸目の223系0番台

104_1

↑京都から関空へ直通する関空特急「はるか」281系

101_1

↑381系による阪和線・紀勢本線の特急「くろしお」

068_1

↑381系新宮寄りクロ380形は前面展望が可能なパノラマグリーン車

112_1

↑103系と381系 国鉄形同士のすれ違い

117_1

↑こちらは283系による同じく阪和線・紀勢本線の特急「オーシャンアロー」

071_1

↑283系 イルカの形をした展望型の非貫通先頭車

遠征もいよいよ佳境。
次は大阪市営地下鉄へと向かいます。
目的は谷町線で最古参の30系とまだ1本しかない最新型の30000系
30系はともかく、果たして30000系は見れたのか否か…。

こちらご覧ください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メトロ車西武池袋入線…西武入間航空祭臨09

今年の11月3日も、航空自衛隊入間基地にて入間航空祭が開催されました。
会場へは行きませんでしたが、毎年恒例のブルーインパルスの曲芸飛行を電車内から一部観覧しました。
車内から眺めてもやはり迫力十分でした。
このイベント、今年も各方面から多くの客が来場していましたが、この多客対応のため西武池袋線では、特別ダイヤで運行されました。
基地最寄駅・稲荷山公園停車の臨時特急「むさし」号運転されたほか、下り一部の所沢・小手指発着電車が入間市・飯能発着に変更されました。
臨時ダイヤのため、昨年に続いて、東京メトロ車両の西武池袋入線の地上運用にも就いていました。
また、30000系2連車登場後初の航空祭臨
初めて入間市行きに充当されました。
特に真昼、入間市行きラスト3本が連続して30000系10両編成という、おもしろい形態となりました。

今年も珍しい行き先「入間市行き」が多く運転されましたが、その一部と他に撮影した臨時列車をご覧いただこうと思います。

039_1

↑稲荷山公園に停車する臨時特急むさし号は往路のみ運転

005p_1

↑普通列車も大増発 一部列車は入間市へ延長運転 写真は各停入間市行きの2067F

013_1

↑入間市行きは3000系(3007F)も充当 できれば999仕様が就いてほしかった… 

032_1

↑スマイルトレインの2連車は初めての航空祭臨に臨んだ 写真は所沢からの延長・快速入間市行き

083_1

↑準急入間市 32101F+38103F

046_1

↑快速入間市 2465F+2071F

056_1

↑快速入間市 9101F

067_1

↑これは所沢発の臨時各停入間市行き 各停運用に就くとレアな9000系(9103F)が充当

027_1

↑メトロ線からの小手指止まりも飯能へ延長 西武線では見れないM運用の各停飯能行き

035_1

↑有楽町線運用の準急飯能行き6155F

051_1

↑西武線では平日早朝に見れるメトロ車の各停飯能行き

070_1

↑運用の関係でメトロ車が西武池袋入線の地上運用にも就いた 写真は急行池袋行きの10111F 

092_1

↑もう一本10112Fも西武池袋へ

100_1

↑この折り返し 急行飯能行きにも充当

118_1

↑復路は快速池袋行きを増発

123_1

↑小手指・所沢発も入間市発に変更 入間市発各停池袋行き2063F

こちらご覧ください!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

09年度増備車登場…西武スマイルトレイン

西武30000系「スマイルトレイン」、いよいよ今年度の増備分である38106F(8両)が落成しました。
この新車甲種輸送が行われました。
山口・下松から埼玉・小手指まで、先月30日から今日1日にかけての長旅でした。
下松から新鶴見までの牽引はEF66-131が、新鶴見から新秋津までの牽引はEF65-1074が、西武線内の牽引はE34+E31が担当しました。
今回の30000系甲種、以前まで西武線内の輸送は日没以降の輸送でしたが、今回は珍しく日中の輸送となりました。

今回の甲種は、土曜日に静岡県内で撮ろうと考えていましたが、寝坊でやめ、今日日曜日の輸送のみの撮影となりました。
日曜ということもあり、各撮影スポットとも同業者がいっぱいで撮影しにくく、かつ撮る場所も限定せざるを得なくなりました。
というわけで今回は、西武線内の撮影は人が集中しているところ以外で撮りました。

003_1

↑EF65-1074がスマイルトレインの新編成を輸送する

006_1

↑38106F 所属は新宿線か?池袋線か?

025_1

↑西武線内の輸送 未だ現役のE31形が牽引する

041_1

↑このあと小手指到着後の基地内入換も撮影

こちらご覧ください!

| | コメント (1) | トラックバック (3)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »