« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

スカイラインセダン・クーペがマイナーチェンジ

スカイラインのセダンとクーペ(V36)が、マイナーチェンジされました。

クーペはエクステリアに大きな変化はないものの、セダンはフロントフェイス、アルミホイールが新デザインになり、エクステリアが変わりました。
また、スポーツ系TypeSP・TypeSには、ワイド&ローなエクステリアがおごられたようです。

インテリアでは、セダン・クーペ共にAT車のセンターコンソールフィニッシャーがボリューム感ある意匠になりました。

セダン2.5L(2WD車)では、3.7Lにある7速ATを採用。
これによる燃費向上で、エコカー減税を受けられるようになりました。

セダンのボディカラーは、ブレードシルバーとクリムゾンレッドが廃止、新色ダークメタルグレーとバイブラントレッドが、それぞれ設定されました。

グレード体系も整理され、廉価グレード「Aパッケージ」(セダン・クーペ共通)が設定され、スカイラインがより手が届くものとなりました。

V36s_10
フロントフェイスが一新したスカイラインセダン

こちらもご覧ください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »