« 2010年5月 | トップページ | 2011年3月 »

日産「ジューク」遂に発売

今日、日産から新しいコンパクトスポーツクロスオーバー「ジューク」が発売されました。

去年ジュネーブで公開されたコンセプトカー「カザーナ」。
この市販版として発売されたのが、「ジューク」です。

「ジューク」という車名は、英語で「(スポーツの世界でディフェンスを)軽快にかわす」が由来。
その名前の通りこの車は、コンパクトスポーツの俊敏さ、SUVの力強さや安心感を結合してできた、新ジャンルのSUVカーになっています。

サイズは、全長4135mm・全高1765mm・全幅1565mmと普通車クラスですが、カテゴリー上ではコンパクトカーの部類に入っています。

この車の特徴は、個性的で革新的なデザイン。
エクステリアは、大きく張り出したフェンダーやスポーティーなイメージのライト形状などで、力強さや躍動感を演出。
特にリヤコンビランプは、フェアレディZ(Z34)にも採用ししているブーメラン型となっています。

インテリアには、日産初の車両情報ディスプレイ「インテリジェントコントロールディスプレイ」の採用。
「ノーマル」「スポーツ」「エコ」3種のドライブモードを選択できるほか、ディスプレイには燃費などの車両・走行情報を確認することができます。

エンジンは、デュアルインジェクターを量産型エンジンに世界初採用した改良型・1.5L HR15DE型エンジン(最高出力114PS)。
これとCVT、高剛性サスペンションの組み合わせで、思いのままなハンドリング、乗り心地の良さを両立しています。
燃費は、1ℓ当たり19.0kmという低燃費で、エコカー減税で重量税・取得税が50%減税されます。
当分エンジンは1.5L、駆動方式は2WDのみですが、この秋には直噴ターボが搭載された新型エンジン・1.6L MR16DDT型搭載車が登場予定です。
このエンジンには、2WD/4WD両方が用意されます。

グレードは2種のみで、15RSは169万500円、15RXは179万250円です。

Juke
革新的なデザインと俊敏な走りが特徴の日産ジューク

こちらもご覧下さい

※コメント/トラックバックはスパム防止のため受付けません。

|

« 2010年5月 | トップページ | 2011年3月 »