« 東武9000系9102F東横線試運転 | トップページ | 東急5000系5119F総合車両製作所入場甲種 »

日産ラティオがフルモデルチェンジ

日産自動車は今日、コンパクトセダン「ラティオ」をフルモデルチェンジし、発表・発売しました。

ラティオは、日本やアメリカなどの成熟市場と、中国、タイ、インド、ブラジルなどの新興市場など、世界150カ国以上で販売するコンパクトセダン・グローバル戦略車として登場しました。生産される工場は、メキシコ、中国、タイ、インドに配置することで高品質と高効率を両立しています。日本で販売するラティオについてはタイで生産されます。

ラティオは、フォーマルなエクステリア、広く快適な室内空間、高い環境性能と経済性など、コンパクトセダンをお求めになる幅広いユーザーに共通するニーズを高次元で満たしたモデルです。

エクステリアは、水平基調の堂々としたサイドビューや、大きなヘッドランプやグリルを採用し、存在感と上級感を際立たせたデザインとなっています。ボディサイズは、全長4425mm×全幅1695mm×全高1495mmと、5ナンバーサイズにおさめられています。

インテリアでは、エンジンルームの最小化、燃料タンクの最適配置などにより、1クラス上のセダン並の広い室内空間を実現しています。また、後席はゆとりのあるニールームと広い視界により、後席に座る人の快適性を高めています。

トランクルームは490Lの大容量を確保すると同時に、トリム形状を工夫することで、荷物の積載性を向上させました。

エンジンはHR12DEエンジン一本のみ。これにアイドリングストップ、副変速機付きエクストロニックCVTが組み合わされます。さらに、車両トータルで約70kgの軽量化を行い、空力性能に優れたボディ形状を採用することで、JC08モード22.6km/LというクラスNo.1の低燃費を実現しています。

価格は138万8100円~169万8900円。販売目標は月1200台です。

N17_2012

新型ラティオ 先代同様大人の夫婦をターゲットにしている

こちらもご覧ください!

※コメント/トラックバックはスパム防止のため受付けません。

|

« 東武9000系9102F東横線試運転 | トップページ | 東急5000系5119F総合車両製作所入場甲種 »