« 日産ジュークにNISMOバージョン誕生 | トップページ | 日産ノートにアクシス追加 »

デトロイトでインフィニティQ50発表

日産自動車が海外で展開する高級車ブランド・インフィニティは米時間14日、米ミシガン州で幕を開けたデトロイトショーで、新型スポーツサルーン「Q50」を発表しました。

Q50は、インフィニティが2009年のジュネーブショーで発表した「エッセンス・コンセプト」の市販バージョンとされています。Q50は、個性的なデザインと魅力あふれるパフォーマンス、世界初のテクノロジー、そして先進の通信システムとパーソナライゼーションを特長とするスポーツセダンです。メーカーはQ50に採用したスタイリングコンセプトを、今後他モデルにも波及させていくようです。

Q50は、世界初となる2つの新しいテクノロジー「インフィニティ・ダイレクト・アダプティブ・ステアリング」と「 アクティブ・レーン・コントロール」を搭載します。新しいステアリングシステムは、機械式のステアリングシステムより素早くドライバーの意図を車輪へと伝達し、タイヤの角度とステアリングの操舵をより高度に制御することを可能とします。また、ドライバーの好みや道路状況に応じて4種類のセッティングを選ぶことができます。
「アクティブ・レーン・コントロール」は、クルマをより車線の中央で走行させるため、車載カメラによる車線検出システムを使用し、車両の直進性能を向上させています。

エンジンは、3.7L V6エンジン(最高出力328ps)と、3.5Lエンジンと組み合わせたハイブリッドモデルを設定。7速ATが全てのモデルに標準装備されます。いずれのパワートレインも後輪駆動と4輪駆動の選択が可能となります。また、スポーツブレーキやスポーツサスペンションチューニングが施され、特別に外観やパフォーマンスをスポーティに仕立てたスポーツバージョンも用意しています。

このクルマは、2013年夏のアメリカとカナダでの発売を皮切りに、その他の主要なグローバル市場でも順次発売していきます。

Q50

次期スカイラインと噂されるインフィニティQ50

こちらもご覧ください!

|

« 日産ジュークにNISMOバージョン誕生 | トップページ | 日産ノートにアクシス追加 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232890/48767799

この記事へのトラックバック一覧です: デトロイトでインフィニティQ50発表:

« 日産ジュークにNISMOバージョン誕生 | トップページ | 日産ノートにアクシス追加 »