« 東武50070系51076F試運転 | トップページ | 京成3300形「青電」 まもなく引退 »

京急2000形2011F 往年の塗装が復活

京急では、2000形登場30周年を記念して、1月下旬より2011Fに赤い車体に窓周りが白のリバイバル塗装を施し運行しています。

京急の看板車両として活躍してきた2000形。後継となる2ドアの2100形登場と同時に、2000形のドアを2つから3つに増設し、座席を改造、塗装を赤い車体に白い細帯の塗り分けに変更しました。この旧塗装が復活したのは、約12年ぶりです。

今回それを撮る機会ができ、昨日撮影に行ってきました。この日は日中運用に就いておりましたが、日中いろいろ撮ってて時間が押したため、夜の撮影となってしまいました。

Img_2994

往年の塗装が復活した2000形2011F 京急川崎にて

こちらもご覧ください!

|

« 東武50070系51076F試運転 | トップページ | 京成3300形「青電」 まもなく引退 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232890/49377145

この記事へのトラックバック一覧です: 京急2000形2011F 往年の塗装が復活:

« 東武50070系51076F試運転 | トップページ | 京成3300形「青電」 まもなく引退 »