« 【車】東京モーターショー2015レポ・コンパニオン編 | トップページ | 【メトロ】16000系16121F甲種輸送 »

【東武】フライング東上色がリバイバル

11月28日より、東武東上線でかつて活躍した行楽列車「フライング東上号」のリバイバルカラー電車が運行を開始しました。
フライング東上リバイバルカラー電車は2編成あり、1本は塗装で再現した8000系8198F、もう1本はラッピングで再現した50090系51092Fです。

このフライング東上リバイバル、東武東上線全線開通90周年を迎えたことを記念して実施されたもので、長瀞や外秩父への行楽客を対象に1949年から1967年まで運行し、人気を博した行楽列車「フライング東上号」の象徴である濃い青に黄色の帯を入れたカラーリングを、その2編成に再現しました。

運行初日の28日は、事前予約制の「東武東上線全線開通90周年記念ツアー」と題し、池袋→小川町間は51092Fが、小川町→寄居間は8198Fが団体列車として運行しました。
なお、51092Fはツアー終了後、通常の営業にも入りました。

Img_9370_1
運行初日の団体臨時列車・51092F 朝霞台にて

Img_9376
先回りし、つきのわにて

Img_9445_1
続いて翌29日の51092F営業列車 ふじみ野にて

Img_9446
行先表示下には全通90周年ステッカーが

Img_9447
車号表記はゴシック体

こちらもご覧ください!

|

« 【車】東京モーターショー2015レポ・コンパニオン編 | トップページ | 【メトロ】16000系16121F甲種輸送 »

鉄道:東武鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【車】東京モーターショー2015レポ・コンパニオン編 | トップページ | 【メトロ】16000系16121F甲種輸送 »