« 【東急】7700系7914F長津田出場 | トップページ | 【JR】E231系K2編成TK出場 »

【日産】新型クロスオーバーを開発

日産自動車は4日、ブラジル・リオデジャネイロで記者会見を開き、カルロス・ゴーンCEOが新型クロスオーバー車の販売計画について発表しました。
新型クロスオーバー車は、リオデジャネイロ工場で組み立てを行い、その他の市場でも展開する予定だそうです。
ラテンアメリカ地域では2016年に発売します。

新型クロスオーバー車は、2014年のサンパウロモーターショーで披露した「キックス・コンセプト」を市販モデル向けに開発し直したものです。
キックス・コンセプトは、ブラジルの裏通りの走りにも耐え得る頑丈さとスポーティさを兼ね備えたとする小型車で、全長は4300mmとコンパクトながら、力強いデザインを追求しました。

リオデジャネイロ工場は、2014年に開設した新施設で、現在は「マーチ」と「ヴェルサ」の組み立てを行っています。

記者会見でカルロス・ゴーンCEOは、コンパクトクロスオーバー車の需要の高さを強調するとともに、ラテンアメリカ地域でトップ3に入る自動車メーカーになることを目指すと述べました。

キックスといえば、かつて軽SUVの「KIX(キックス)」がありましたが、今回のは「KICKS」であり、別物のクルマとなります。

こちらもご覧ください!

|

« 【東急】7700系7914F長津田出場 | トップページ | 【JR】E231系K2編成TK出場 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【東急】7700系7914F長津田出場 | トップページ | 【JR】E231系K2編成TK出場 »