« 【JR】583系団臨 上野発青森・函館の旅 | トップページ | 【日産】5代目セレナ公開・初の自動運転技術搭載 »

【日産】GT-R 2017年モデル正式発表

日産自動車は、4月1日に日本で先行披露した「NISSAN GT-R」の2017年モデルを、7月27日より発売すると発表しました。

新型は、2007年の発売以来最大規模となるエクステリアやインテリアのデザイン変更に加え、新技術の採用によりドライビングパフォーマンスの向上を実現しています。

エクステリアでは、フロントからリヤに至るまで大幅なデザインの変更を実施しております。
フロントに日産ブランドのデザインシグネチャーであるVモーショングリルを採用。
開口部の拡大により冷却性能を向上させながら、バンパーサイドの形状を最適化することで、従来の空気抵抗・ダウンフォースの維持を可能にしました。
また、グリルから流れる明快なキャラクターラインが特徴のエンジンフードは、剛性の向上により超高速域での変形を抑制しています。
さらに、新形状のフロントスポイラーもレースカー直系の血統を感じさせるデザインであると同時に、高レベルのダウンフォースを維持しています。

インテリアでは、高級本革として知られるナッパレザーを熟練の職人が高度な技術を用いて厳選した一枚革で仕上げ、さらに精巧なステッチを施すことで、コックピット全体に圧倒的な高品質感を出しています。
コックピットは、メーターからセンターコンソールまでドライバーを包み込むようにレイアウトすることで、ドライバーオリエンテッドな空間を演出しています。
また、ナビディスプレイは7インチから8インチに拡大し、併せて大型のアイコンを採用することで、直感的な使い易さと視認性を向上させています。
また、カーボン製のセンターコンソール上に配置したマルチファンクションスイッチにより、ナビ機能を手元で操作することが可能です。

外装色では、今回新たにカラーアルミを採用した鮮やかな「アルティメイトシャイニーオレンジ」をラインアップに加えました。

走行性能においては、GT-R NISMOの技術を採用した気筒別点火時期制御を採用した3.8L 24バルブV6ツインターボエンジンを搭載。
ノッキングの発生を抑え、燃費を損なうことなく最高出力419kw(570PS)/6,800rpm、最大トルク637N・m(65.0kgf・m)/3300-5800rpmを発揮します。
また、円滑なシフトチェンジと、変速時のノイズ低減を実現する改良型6速デュアルクラッチトランスミッションとの組み合わせにより、中速~高速域においてスムーズな加速を実現。
日常的に多用するシーンでのドライビングフィールを向上させています。

GT-Rでは高性能を維持しつつ、現行モデルよりもさらにスムーズな乗り心地を提供し、さらに吸音材・遮音構造の徹底的な見直しにより、室内でのロードノイズや風切音を大幅に低減し、全ての速度域で高い静粛性を実現しました。
また、エンジン始動時から低回転走行時の排気音を低減することが可能なエキゾースト・サウンド・コントロールを採用し、夜間や住宅地など静かさが求められる時間帯・場所でも音を気にせずに走り出すことができます。

価格帯は996万840円から1170万5040円となっています。

Img_0170
遂に正式発表されたGT-R 2017年モデル

Img_0174
リヤから

また、この新型GT-R発表と同時に、日産グローバル本社ギャラリーにおいて、NISSAN GT-R 2017年モデルの展示イベントが開催されています。

○イベント期間
7月11日(月)~8月25日(木)

○展示車
[Premium Edition]
アルティメイトシャイニーオレンジ(内装色:タン<Z>)
ブリリアントホワイトパール(内装色:アンバーレッド<P>)
[Pure Edition]
オーロラフレアブルー(内装色:ブラック<G>)
[Black Edition]
メテオフレークブラックパール(内装色:ブラック<G>)
アルティメイトメタルシルバー(内装色:ブラック<G>)

こちらもご覧ください!

|

« 【JR】583系団臨 上野発青森・函館の旅 | トップページ | 【日産】5代目セレナ公開・初の自動運転技術搭載 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【JR】583系団臨 上野発青森・函館の旅 | トップページ | 【日産】5代目セレナ公開・初の自動運転技術搭載 »