« 【京急】823編成 リバイバル塗装で出場 | トップページ | 【メトロ】丸ノ内線にディズニークリスマスRP »

【新車】日産ノート改良・e-POWER追加

日産自動車は2日、コンパクトカー「ノート」に新電動パワートレイン「e-POWER」を追加すると同時に、ノート全車についても一部仕様向上を実施し、同日より発売開始しました。

今回追加された新パワートレイン「e-POWER」は、従来の駆動方式とは一線を画す新しい電動パワートレインです。
搭載しているガソリンエンジンにより発電し、その電力を利用してモーターの力で走行します。
これにより、さまざまなシーンや走行環境において、100%モーター駆動ならではの力強くレスポンスの良い加速と、優れた静粛性を実現しました。

通常の発進や走行時には、エンジンが停止したまま高電圧バッテリーからの電力だけで静かに力強く発進するため、夜間や早朝の住宅街でもエンジン音を気にすることなく走行できる利点を持っています。
バッテリーの残量や車速に応じてエンジンを始動、エンジン音が気にならない回転数に制御しながら充電を行います。
急加速や登坂時などには、バッテリーからの電力に加え、エンジンで発電した電力も直接駆動モーターに供給、力強い走りを実現します。
さらに、減速時にはエンジンを停止し、回生発電した電力を高電圧バッテリーに充電、停車寸前まで回生が行なわれるため減速エネルギーを無駄にしません。
外部電力からの充電は不要で、通常のガソリンエンジン車やハイブリッド車と同様、ガソリンの給油のみで走行することが可能です。

「e-POWER」に搭載されるエンジンは発電専用であり、発電のために高効率な作動領域を保つように自動制御されているため、アクセル開度による影響を受けにくく、優れた燃費を実現しています。
また、新感覚の走行モード「e-POWER Drive」は、ワンペダル感覚の運転を楽しむことが可能です。
アクセルペダルの踏み戻しだけで、加速から減速までを楽に行なえる「e-POWER」ならではの走行モードで、ブレーキペダルを踏む回数が減少。
加速度の違いにより、キビキビとした走りの「Sモード」と燃費にやさしい「ECOモード」を選ぶことが可能です。

ノート全車については、エクステリア・インテリアに新デザインを採用したほか、スマート・ルームミラー(インテリジェントアラウンドビューモニター表示機能付)追加により安全装備を充実、さらに助手席バニティミラーを新たに装備するなど、使い勝手を向上させたそうです。

また、e-POWERの俊敏なレスポンスやスポーティな加速特性をもつ「ノート e-POWER NISMO」の発表を今冬に予定しているそうです。

価格帯は139万3200円~224万4200円です。

E12_2016_epower
新グレード「e-POWER」が追加され、さらに魅力的になった「ノート」

この新型ノート発表と同時に、日産グローバル本社ギャラリーにおいて、新型ノート展示イベントが来年1月21日まで開催されています。
イベントでは「e-POWER」6台が一堂に展示されます。
これも近日来場し、レポートしたいと思います。

こちらもご覧ください!

|

« 【京急】823編成 リバイバル塗装で出場 | トップページ | 【メトロ】丸ノ内線にディズニークリスマスRP »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【京急】823編成 リバイバル塗装で出場 | トップページ | 【メトロ】丸ノ内線にディズニークリスマスRP »