« 【横高】「ハタモトヒロ号」好評運行中 | トップページ | 【西武】20151F、試運転で西武秩父へ »

【新型】日産エクストレイルMC・プロパイロット搭載

6月8日、日産自動車はSUV「エクストレイル」(T32型)をマイナーチェンジし、発売されました。

今回のマイナーチェンジでトピックは、セレナで導入された部分自動運転支援技術である「プロパイロット」がメーカーオプションで設定されたことです。

また今回のマイナーチェンジでは、よりタフなイメージを強調したエクステリアと、上質感を高めたインテリアなど、内外装ともに新デザインを採用しました。
併せて、リヤバンパーの下に足先を入れて引くだけでバックドアを開閉することができる、ハンズフリー機能付きの「リモコンオートバックドア」の新採用や、「インテリジェント パーキングアシスト」の性能向上により、さらに利便性を高めました。

ハイブリッド車は、空力を向上させるアイテムや、アクセルオフ時の回生量を増加させる制御を採用し、2WDではJC08モードで20.8km/Lの燃費を実現しました。
ハイブリッド車の全グレードにおいて、「平成32年度燃費基準+20%」を達成したことで、2017年度も減税措置が適用されます。

ボディカラーは、「プレミアムコロナオレンジ(特別塗装色)」や「ガーネットレッド(特別塗装色)」などの新色6色を加え、全12色が設定されました。

「NISMOパフォーマンスパッケージ」では、専用パーツであるフロントとリヤのアンダースポイラーのデザインを変更するとともに、新デザインのアルミロードホイールを採用しています(ディーラーオプション)。

新型エクストレイルの価格帯は、219万7800円から309万8520円となっています。

T32_2017
プロパイロット搭載車第2号となったエクストレイル

こちらもご覧ください!

|

« 【横高】「ハタモトヒロ号」好評運行中 | トップページ | 【西武】20151F、試運転で西武秩父へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【横高】「ハタモトヒロ号」好評運行中 | トップページ | 【西武】20151F、試運転で西武秩父へ »