« 2020年6月 | トップページ

【JR東】E131系マリR-01+R-02編成 配給輸送

7月21日、総合車両製作所新津事業所で落成したJR東日本の新型車両・E131系のマリR-01編成+マリR-02編成(2両編成)計4両の配給輸送が、越後石山→新習志野間で行われました。

E131系は、房総地区の内房線(木更津~安房鴨川間)・外房線(上総一ノ宮~安房鴨川間)・鹿島線(佐原~鹿島神宮間)に導入される2両編成のワンマン車両です。
同車は幕張車両センターに2両編成12本が配属され、2021年春から運行開始となっています。

E131系の初回配給 行田にて
Img_9375

後追い 同じく行田にて
Img_9381

こちらもご覧ください!(ブログランキング)

| | コメント (0)

【出張】ロイヤルエクスプレス 北海道へ

7月21日から23日にかけて、伊豆急の豪華観光列車「THE ROYAL EXPRESS」が北海道地区での運行を行うため、2100系R-5編成5両と電源車マニ50の甲種輸送が伊東から手稲間で行われています。

これまで運行したことのないロイヤルエクスプレスの北海道地区運行。
地域活性化を目的に8月から9月にかけて北海道でクルーズ列車として運行されます。
また、2021年夏にも計7回北海道周遊として運行される予定です。

同時輸送されるマニ50も外装がリニューアル。
紫がかったピンクとミントグリーンのラインの「ゆう」塗装からロイヤルエクスプレス専用デザインになりました。
ちなみにマニの車号はJR東日本時代のままとなっています。

甲種が行われた7月21日は、ロイヤルエクスプレスが満3歳になったという記念すべき日でした。
その21日は、まず伊東から宇都宮貨物ターミナルまでの関東地区の輸送でした。
牽引機は「カラシ」ことEF65-2127でした。

撮影は宇都宮線蓮田駅で行いました。
ここは広角にするとホームが入っちゃうので、望遠で撮影します。
しかしそうすると日の丸構図となってしまったりするのが難点な撮影地です。
私はそういうことも考えずその蓮田駅で降りてしまったのです。
私が撮影ポイントに来た頃はすでに同業者数名がいらしており、私はその後ろから撮影させていただきました。
撮影結果を見ると、やはりその通りになってしまいました。
久喜や古河とかまだ遠くに行けば撮影地があるのに、この蓮田で降りてしまったことに後悔しています。

ちなみにこの甲種通過前、久喜付近で線路内人立ち入りがあり、若干の遅れをもって蓮田を通過しています。

 

ロイヤルエクスプレス、北海道へ甲種輸送 蓮田にて
Img_9360

マニ50も新調 同じく蓮田にて
Img_9349

ロイヤルエクスプレス車両はスカートを外している 同じく蓮田にて
Img_9359

こちらもご覧ください!(ブログランキング)

| | コメント (0)

【西武】2000系2463F 武蔵丘検修場出場

7月15日、西武池袋線所属2000系2463Fが武蔵丘車両検修場での検査を終えて、出場試運転が武蔵丘→小手指間で行われました。

今回の撮影は、近場で軽く小手指駅で行いました。
2両単独で走る姿はあまり見ないので、新鮮です。

 

2463F出場試運転 小手指にて
Img_9225_1

こちらもご覧ください!(ブログランキング)

| | コメント (0)

【東急】5050系5173F+2両=4111F誕生

7月12日、東急5050系4000番台4111Fの性能確認試運転が長津田~鷺沼間で行われました。

4111Fという編成は、5050系5173F(8両編成)と2019年8月に総合車両製作所横浜事業所で落成したデハ4611・サハ4711の10両で構成された編成です。
新造のデハ4611・サハ4711は、組み込み対象の元5173Fと違い赤帯の太さが異なるのが特徴です。
機器面では、元5173Fの第一世代VVVF制御装置は5175Fの第二世代と換装、デハ4611の制御装置と統一がなされました。
また、車両側面の東急コーポレートマークの表記は「TOKYU RAILWAYS」で統一されました。

太帯×細帯という異色を放つこの編成は、東横線での試運転も終わった模様で、営業開始も近いものと思われます。

 

4111F性能確認試運転(車両は回送表示) 青葉台にて
Img_9120

後追い たまプラーザにて
Img_9121_t

同じくたまプラーザにて
Img_9143

こちらもご覧ください!(ブログランキング)

| | コメント (0)

【西武】6000系6108F 武蔵丘検修場出場

7月2日、西武池袋線所属6000系6108Fが武蔵丘車両検修場から検査出場し、午後に地下鉄線内のATO精度確認試運転が小手指~新木場間で行われました。

秋津にて
Img_8798_1

ひばりヶ丘にて
Img_8811_t

ということで今回のATO試運転は、西武池袋線内の往路のみ撮影しました。
復路は地下鉄線内で撮影しましたが、ハイビームで失敗に終わりました。

こちらもご覧ください!(ブログランキング)

| | コメント (0)

【西武】4連化された9105F 武蔵丘へ入場

6月18日、西武9000系9105F(4両編成)の武蔵丘車両検修場入場回送が、101系263Fの牽引で横瀬→武蔵丘間で行われました。

9105Fは、6月9日に10連で横瀬車両基地へと送られ、同基地で3~8号車が抜き取られ4連化されました。
その後に263Fが6月16日横瀬へ送られ、9105Fの牽引準備を行い、6月18日武蔵丘へと回送されました。

 

入場回送の走行区間は西武秩父線。
西武秩父線の撮影地はあまり知らないので、ネットで色々撮影地を調べ、結果18日の回送は西吾野駅で撮影することにしました。

その前に横瀬駅で9105Fの様子を視察しました。
着いたのは12時頃で、この時点ですでに263Fと連結済、通電が行われていました。
そこではいろいろ撮影しましたが、今回は回送車両の入替待たずして、撮影地の西吾野へ向かいました。

西吾野に着いたのは回送が通過する1時間前でした。
1時間前は数名でまったり撮影でしたが、直前になると同業者がどっと来て、ほぼキャパが埋まる感じになりました。

そして回送電車263F+9105Fが通過。
通過時は警笛を鳴らしながら西吾野駅を低速で通過していきました。

 

今後武蔵丘車両検修場で主要部分の改造等が行われる9105F。
9108Fと同じく、どのような形で出場するのか気になります。

 

横瀬車両基地に留置中の263F+9105F
Img_7440_t

連結面も
Img_7443_1

そして武蔵丘への回送 西吾野にて
Img_7479

後追い 同じく西吾野にて
Img_7478

★おまけ

6.16の263Fの横瀬行き回送 入間市にて
Img_7164

こちらもご覧ください!(ブログランキング)

| | コメント (0)

【JR東】E233系1000番台サイ120編成 TK出場

6月16日、JR京浜東北線・根岸線(さいたま車両センター所属)E233系1000番台サイ120編成が東京総合車両センターでの検査を終えて、出場回送が大崎→南浦和間で行われました。

E233系1000番台の東京総合車両センター出場を撮ったのは、今回初めてです。

撮影は、蕨駅で行いました。
なお蕨駅の川口寄り先端は、ホームゲート設置に伴って(?)駅先端にあった建物が取り壊され、キャパが多くなってました。

サイ120編成のTK出場回送 蕨にて
Img_7225_t

こちらもご覧ください!(ブログランキング)

| | コメント (0)

【東急】6000系6104F 長津田工場出場

6月12日、東急大井町線6000系6104Fが長津田車両工場での定期検査を終えて、出場試運転が長津田~鷺沼間で行われました。

試運転復路はいつも青葉台駅手前で急制動試験が行われますが、今回はなんとホーム手前で止まってくれたので、非常に撮りやすかったです。

試運転往路 青葉台にて
Img_6793

試運転復路 同じく青葉台にて
Img_6823

こちらもご覧ください!(ブログランキング)

| | コメント (0)

【JR東】中央線E233系T71編成 J-TREC出場

6月11日、JR中央快速線向け(豊田車両センター所属)E233系(基本番台)の最新編成・トタT71編成が製造元のJ-TREC総合車両製作所横浜事業所から出場し、所属区送りを兼ねた試運転が逗子→新宿→豊田間で行われました。

トタT71編成は、他のE233系基本番台と同じく車内LCD画面は4:3サイズで、グリーン車増結と同時に行われるトイレ設置がなされていません。
これは他線区転属を見越しての事なのかと、ファンの間で予想が立てられています。

トタT71編成は中央本線・東海道線性能確認試運転を経て、7月6日に営業運転開始しています。

 

出場試運転の撮影ですが、武蔵小杉と阿佐ヶ谷で行いました。
武蔵小杉では風と雨がすごく、撮影には不向きなコンディションでしたが、それでもなんとか頑張って撮影。
阿佐ヶ谷へ向かう頃には雨はほぼ止んでくれて、綺麗に撮影する事が出来ました。

武蔵小杉にて
Img_6507

阿佐ヶ谷にて
Img_6526

車内LCDは4:3サイズのまま 新宿にて
Img_6515

こちらもご覧ください!(ブログランキング)

| | コメント (0)

« 2020年6月 | トップページ