カテゴリー「鉄道:私鉄 その他/第3セクター」の記事

【広島遠征2017】広島駅界隈で広電撮影

2017年広島遠征の続きです。

福山から今度は広島へと降り立ちました。
続いて、広島駅界隈・猿猴橋町停留所付近で広島電鉄の撮影を行いました。

2013年より運行開始した新1000形を初撮影したのはもちろん、他の広電車両群も旅の記念にと撮影してきました。

Img_9112
5100形5106号

Img_9114
3800形3804号

Img_9120
700形701号

Img_9122
5000形5009号

Img_9126
800形803号

Img_9138
700形707号

Img_9127
3800形3803号

Img_9146
1000形1007号

Img_9147t
3803号と806号 ラッピング編成の離合

Img_9159
800形806号

Img_9163
5000形5010号

Img_9166t
3800形3802号

Img_9170
1000形1005号

Img_9175
5100形5102号

Img_9176
800形814号

Img_9182
3900形3905号

このあと広島遠征レポはラスト。
JR山陽本線を中心に撮影したものをご覧に入れます。

こちらもご覧ください!

| | コメント (0)

【伊豆急】2100系R-5編成長津田入場甲種

10月5日から7日にかけて、伊豆急2100系「アルファリゾート21」R-5編成の長津田車両工場への入場甲種輸送が行われました。
ルートは相模貨物→八王子→長津田→恩田間で行われ、八王子からは4両に分割して輸送されました。

同編成は今後、2017年夏に横浜と伊豆を結ぶ定員数国内最大級の観光列車として営業が開始される予定です。

今回は6日の横浜線内輸送を撮影しました。
牽引機はDE10-1666でした。

Img_6795_1
八王子で出発を待つ伊豆急甲種

Img_6792_1
今回入場するR-5編成 同じく八王子にて

Img_6794
側面ロゴ

Img_6805_1
相原にて ちょっと傾き撃沈しました

Img_6810
相原での後追い

こちらもご覧ください!

| | コメント (0)

【静鉄】A3000形第1号甲種輸送

12月15日、静岡鉄道の新型車両・A3000形の第1編成の甲種輸送が逗子→新鶴見信→富士間で行われました。
牽引機は逗子→新鶴見信間はDE10-1749、新鶴見信→富士間はEF65-2066でした。

静岡鉄道の新車は40年ぶりとなるので、かなり久しぶりとなります。

Img_0241_1
鶴見にて 被られるところでしたがなんとか回避

Img_0254_1
東戸塚にて

Img_0243
顔はカバーで覆われていた 鶴見にて

こちらもご覧ください!

| | コメント (0)

【富山遠征SP】旧レッドアローが走る富山地鉄

富山遠征スペシャル、続いて富山地鉄線です。

立山・黒部・宇奈月温泉を結ぶこの鉄道、京阪から譲り受けた元3000系ダブルデッカー車両「ダブルデッカーエキスプレス」や、西武から譲り受けた初代レッドアロー車両「アルプスエキスプレス」といった観光列車が走る魅力的な鉄道路線です。
今回それを狙いに行きました。
しかし、前者は都合により撮影できませんでした。
後者の方はちゃんと撮ってまいりました。

今回はJR東滑川駅から魚津方向へ約30分かけて歩いて撮影地を探し、北陸本線との並走区間のよき場所で撮影しました。
また、JR東滑川駅でも富山地鉄を撮影しました。

Img_0484
14760系 同系のこの塗装は2本のみ 越中中村~西魚津間にて

Img_0488
10030系 8編成在籍する元京阪車両 同じく越中中村~西魚津間にて

Img_0489_1
特急アルペン号の14760系 同じく越中中村~西魚津間にて

Img_0494
そして元西武レッドアローの16010系「アルプスエキスプレス」 同じく越中中村~西魚津間にて

Img_0505
1本のみ在籍する14720系 早月加積~越中中村間にて

Img_0512_1
アルペン特急の14760系 同じく早月加積~越中中村間にて

続いては、いよいよ北陸本線でトワイライトエクスプレスを狙います。

こちらもご覧ください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【富山遠征SP】富山港を結ぶ「ポートラム」

富山遠征スペシャル、続いては北口に回り富山ライトレール「ポートラム」(富山港線)を見に行きました。

「ポートラム」は、2006年4月に開業した富山ライトレールが運営するLRT路線です。
この路線は、同年営業終了したJR富山港線を引き継いだもので、これまでの一般の電車から低床型の路面電車に転換された、我が国初の事例となります。

「ポートラム」の路線は、富山駅北口が起点。
路上を走行して、奥田中学校前から旧JR富山港線の線路を走行し、富山港に程近い岩瀬浜まで向かいます。
ライトレール化に合わせて、新たに電停を増やしたり、行き違いができる電停を増やしたことから、JR時代はデータイム1時間当り1本しかなかった富山港線が、1時間当り4本運転されるようになりました。
JR富山駅高架化後、将来的には富山地鉄市内線との直通計画があり、今後が期待される路線です。

車両は低床型車両・TLR0600形で、白を基調に編成ごとに異なったアクセントカラー(虹をイメージ)に装飾されています。

そんなLRT路線・富山ライトレールを少しだけの時間視察してきました。

Img_0465_1
富山駅北に停車中の「ポートラム」TLR0602編成

Img_0468_1
富山駅前の商業施設を走る「ポートラム」 富山駅北付近にて

Img_0470_1_2
TLR0603編成 同じく富山駅北付近にて

Img_0472_1
TLR0607編成 同じく富山駅北付近にて

続いては富山地鉄本線を巡ります。

こちらもご覧ください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【富山遠征SP】富山市内の足・地鉄市内線

富山遠征スペシャル、まずは富山地方鉄道市内線を巡ります。

南富山駅前~富山駅前間の1系統、南富山駅前~大学前間の2系統、そして富山駅前を中心に環状運転する3系統の3つがある市内線。
そのうち3系統は5年前の2009年に出来たまだ新しい路線です。

使用車種は、7000形、8000形、9000形、T100形の4車種で営業しています。
このうち7000形は置き換え計画があり、今後の動向が注目されています。
その7000形のうち、7022は「レトロ電車」として運行しています。
2013年に市内線が100周年を迎えたことを記念して改造された「レトロ電車」は、今年2014年1月にデビューしました。
車内は床や椅子を木製として、シート前には木製のテーブルも設置。
車内照明は旧型電車がかつて実際に使用していたものを取り付けています。

今回の市内線撮影では、その「レトロ電車」、そして期間限定で運行中の「トッキュウジャー」のラッピング電車を狙いました。

Img_0424
9000形9003編成 地鉄ビル前~富山駅前間にて

Img_0427_1
7000形7015 同じく地鉄ビル前~富山駅前間にて

Img_0431_1
8000形8004 富山駅前付近にて

Img_0434_1
9000形9002編成 地鉄ビル前~富山駅前間にて

Img_0437_1
8000形8004 富山駅前付近にて

Img_0440
T100形T101編成 地鉄ビル前~富山駅前間にて

Img_0454_1
7000形7016 地鉄ビル前~富山駅前間にて

Img_0457_1
7000形7013とトッキュウジャーラッピングのT100形T102編成のすれ違い 地鉄ビル前にて

Img_0458_1
トッキュウジャーラッピングのT100形T102編成 同じく地鉄ビル前にて

Img_0459
9000形9002編成 同じく地鉄ビル前にて

Img_0462_1
8000形8005 同じく地鉄ビル前にて

Img_0445
7000形7022レトロ電車 地鉄ビル前~富山駅前間にて

Img_0446_1
富山駅前付近にて

Img_0451_1
富山駅前を発車するレトロ電車

続いては富山駅北口へ移動し、富山ライトレールを撮影します。

こちらもご覧ください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【富山遠征SP】行く道中で出会った列車たち

おかげさまで記事数は今回で通算1000件に到達しました。
これも皆様のおかげです。

今回は記事数1000件突破を記念して(?)、ついに未踏の地・北陸は富山へと日帰り遠征を敢行しました。

今回の遠征目的は、来年3月引退予定の寝台特急「トワイライトエクスプレス」や、富山地鉄で活躍する元西武5000系を撮影することです。

この記事ではまず、富山まで行く道中で出会った(乗った)列車たちをご覧に入れたいと思います。

武蔵野線新秋津から武蔵浦和まで乗車し埼京線に乗り換えたところ、ちょうど205系ハエ28編成の大宮行きが来ました。
埼京線205系は2月引退とされていましたが、予備車確保のため、現在も継続的に運行されています。

Img_0384
205系ハエ28編成 編成札がいつの間にか交換されていました 大宮にて

大宮に着き、続いては上越新幹線。
JR東日本の新幹線に乗るのは生まれて初めてです。
今回は列車が来るまでの間、来年3月開業の北陸新幹線用E7系を撮影しました。

Img_0386
雨の中大宮へ入線するE7系

Img_0395
いよいよMaxとき303号に乗り込み越後湯沢へ 同じく大宮にて

越後湯沢に着き、上越線ホームに向かうと、北越急行のHK100形と今回乗車するはくたか2号の681系が出迎えてくれました。

Img_0398
越後湯沢に停車中のHK100形

Img_0396
来年3月で消滅する特急はくたか号に乗り、富山へ

次の項では、いよいよ富山到着。
地鉄市内線を巡ります。

こちらもご覧ください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

元小田急RSE3両、富士急へ譲渡甲種

日本車両に入場していた元小田急20000形(RSE)3両が出場、昨日9日から今日10日にかけて富士急行へ譲渡のための甲種輸送が行われました。
ルートは、豊川→西浜松→横浜羽沢→新鶴見(信)→八王子→大月でした。
このうち、西浜松→新鶴見(信)間の牽引機はEF65-2096でした。

この富士急譲渡車、先頭車両の外見は変わっていません。小田急ロゴも残っていました。
しかし、パンタグラフが外され、中間車は全体を白く塗装されておりました。

今回の撮影は、ちょっと遠出し草薙まで向かいました。
時間を調べたところ、甲種通過時刻と静岡方面行き列車時刻がほぼ同じで、どうみても被りが予想されるところですが、それでもイチかバチかでまず草薙で撮る事に。
案の定後方からの列車に被られるなと心配されましたが、運よく(?)被らずに済みました。
その後吉原で退避があったので、原で撮影して、撤収しました。

Img_4347_1
富士急へと譲渡される元小田急RSE 草薙にて

Img_4352
追っかけで原にて

Img_4353
後追い 同じく原にて

こちらもご覧ください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【南海】8000系8012F+8013F甲種輸送

昨日18日、総合車両製作所で落成した南海8000系8012F+8013F各4両編成計8両の甲種輸送が行われました。
この日のルートは逗子→新鶴見信→川崎貨物→横浜羽沢でした。
新鶴見信からの牽引機はEF65-2095でした。

前回の南海8000系甲種も撮影したのですが、大失敗だったので、今回リベンジということで尻手で撮影しました。
南武線列車に被られるかと心配されましたが、なんとか被らずに済みました。

Img_3844_1
今月早くも2回目となった南海8000系甲種 尻手にて

Img_3847
先頭車同士の連結 同じく尻手にて

こちらもご覧ください!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

【秩鉄】1000系1003Fいよいよ引退

いよいよ残り1本となった秩父鉄道1000系。
その最後の1003Fの引退が迫っています。
ということなので今回、それを狙いに16日撮影へ向かいました。
3月18日までは、記念ヘッドマークも掲出されておりました。
1003Fは、3月23日の貸切ツアーをもって引退となります。

Img_3717_1
最後の力走を見せる1003F 御花畑~秩父間にて

Img_3720_1
後追い 同じく御花畑~秩父間にて

Img_3722_1
秩父での西武4000系との並び

こちらもご覧ください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)