カテゴリー「日産自動車:イベント」の記事

【期待】東京モーターショー2017 日産の出展車は

日産自動車は、10月27日から東京ビックサイトで一般公開される第45回東京モーターショー2017の出展概要を発表しました。

今回は、世界初公開となる、将来の「ニッサンインテリジェントモビリティ」を体現したコンセプトカー(車名不明、当日までのお楽しみ)が目玉となります。
ほか参考出展車両として、新型「リーフ」のNISMOモデルとなる「LEAF NISMO Concept」や、「セレナ」のNISMOモデルとなる「セレナ NISMO」、「スカイライン」のマイナーチェンジモデルなど、市販車を含めて計13モデルが展示されます。

■LEAF NISMO Concept

Tms2017

参考出展車「LEAF NISMO Concept」はEVの持つ環境性能に加え、NISMOらしいスポーティーな走りを実現したいと企画したNISMOブランドによるEVコンセプトモデルです。「LEAF NISMO Concept」は、NISMOのレーシングテクノロジーにより実現した専用エクステリアの採用により、Cd値を悪化させることなくリフト量を低減、優れた空力性能を実現しています。
インテリアは、ブラック内装にNISMOのイメージカラーであるレッドのアクセントを施し、走りへの期待感を高める空間を演出しています。
また、チューニングされた専用サスペンション、高性能タイヤ、さらに電動駆動の特性を活かし、どこからでも瞬発力の高い加速フィールを楽しめる専用チューニングコンピューター(VCM)を搭載し、NISMOらしい走りの楽しさを提案しています。

■セレナ NISMO

Tms2017_2

「セレナ NISMO」は、NISMOがもつ技術を惜しみなく注入し、「セレナ」の特長である家族での使い勝手のよさや乗員の快適性を損なうことなく、「迫力のスタイリング」と「爽快なドライビング」を実現した車です。
エクステリアではNISMOらしい精悍なデザインと優れた空力性能を両立したデザインを採用し、インテリアでは各所にNISMOのイメージカラーであるレッドのアクセントをあしらうなど、ドライバーの気持ちが高揚するスポーティーな演出を施しています。
また、専用のボディ補強やサスペンションチューニングなどにより、気持ちのよいハンドリングを実現するとともに、専用ECMやマフラーを採用し気持ちの良い加速フィーリングを実現しています。
「セレナ NISMO」は今年11月の市販を予定しています。

■スカイライン(マイナーチェンジモデル)

Tms2017_3

今回マイナーチェンジされる新型「スカイライン」では、全方位型運転支援システムを全グレードに標準装備すると共に、高い動力性能と環境性能を両立したハイブリッドシステムや、意のままに快適なハンドリングを実現したダイレクトアダプティブステアリングなどを装備しています。
今回のマイナーチェンジでは、エクステリアデザインやアルミホイールのデザインを刷新し、より高揚感あふれるデザインを実現。
インテリアもステアリングやシフトノブのデザイン変更や、インストルメントパネルの表皮を変更するなどし、より上質な室内空間となりました。
この新型「スカイライン」は、今年12月下旬の発売を予定しています。

こちらもご覧ください!

| | コメント (0)

【日産】2015.11.12のグローバル本社ギャラリー

昨日12日、1年と9ヶ月ぶりに日産グローバル本社ギャラリーを訪れました。
今回はその様子をご覧に入れます。

8日まで行われていた第44回東京モーターショー2015の出品車から、2台のコンセプトカーが展示されました。
1台は「グリップス コンセプト」、もう1台は「コンセプト2020 ビジョン グランツーリスモ」です。

Img_8628_2
Img_8642
東京モーターショーに展示された2台のコンセプトカー

Img_8728
コンセプト2020 ビジョン グランツーリスモ

Img_8636
グリップス コンセプト

新興市場向けの低価格ブランド、ダットサン車も一堂に展示されました。

Img_8644
ずらりと並ぶダットサン車

Img_8645
Img_8646_1
ダットサン「GO-crossコンセプト」

Img_8647
ダットサン「GO+」

Img_8648
ダットサン「GO」

Img_8649
ダットサン「mi-DO」

Img_8650
ダットサン「on-DO」

往年のレースカー「R380」シリーズも展示されました。

Img_8678
Img_8679
ニッサンR380(A-1型)

Img_8681
Img_8683
プリンスR380(A-1型)1966年第3回日本グランプリ優勝車

Img_8682
プリンスR380に積まれる直6DOHCエンジン

市販車では、マイナーチェンジしたばかりの「デイズ」や「リーフ」の展示がありました。

Img_8707
新デイズ 手前がハイウェイスター、奥がノーマルモデル

Img_8689
新日産リーフ

こちらもご覧ください!

| | コメント (0)

【車】東京モーターショー2015レポ・日産編

先日11月5日、東京ビッグサイトで8日まで行われている第44回東京モーターショー2015に行って参りました。
東京モーターショーに来たのは、2007年の第40回以来8年ぶりの事でした。

今回のモーターショーも、各社個性あふれるコンセプトカーが集結していました。
印象に残っているのは、日産のコンセプト2020やホンダの次期NSX、マツダのRX-VISION、そしてベンツのコンセプトカーです。

ということで、まずは日産ブースの様子からご覧に入れます。

日産は、将来の自動運転を目指したコンセプトカー「IDS コンセプト」や、新提案の軽コンセプト「テアトロ for デイズ」など、計20車種が展示されました。

Img_7961
Img_7957
Img_7960
Img_7962
軽の新たな提案となる「テアトロ for デイズ」

Img_7968
Img_7966
Img_7963
EVと自動運転、2つの先進技術を併せ持つ「IDS コンセプト」

Img_7972_1
Img_7970
Img_7971_1
9月のフランクフルトショーで初お目見えした「グリップス コンセプト」

Img_7980
Img_7977
Img_7978
Img_7979
Img_7982
Img_7983
なんとなくGT-Rにも似てなくはない「コンセプト2020 ビジョン グランツーリスモ」

Img_7974
今月マイナーチェンジされる「日産リーフ」も先行公開

Img_7976
新型「フーガ」も初撮影

次回のモーターショーレポートはトヨタ車を予定しています。

こちらもご覧ください!

| | コメント (0)

【日産】東京モーターショー2015出展車発表

日産自動車は今日5日、10月30日~11月8日に東京ビッグサイトで行われる第44回東京モーターショー2015の出展概要を発表しました。

今回展示されるコンセプトカーは、「テアトロ for デイズ」、「グリップス コンセプト」、「コンセプト2020 ビジョン グランツーリスモ」です。

そして参考出品として、「リーフ」のマイナーチェンジモデル、市販車をドレスアップした「エクストレイル ハイブリッド モードプレミア」、「ジューク 16GT FOURパーソナライゼーション」、市販車に追加仕様を施した「スカイライン 350GTハイブリッドType-SP クールエクスクルーシブ 」、「フーガ 370GT Type-S クールエクスクルーシブ 」、「セレナ ハイウェイスター VセレクションⅡ」など、計20モデルが展示されます。

TEATRO for DAYZ
2020年以降に運転免許を取得するモバイル世代へ向けて、全く新しい価値観を具現化したという軽自動車EVが「テアトロ for デイズ」です。

『真っ白なキャンバス』というコンセプトで開発した「テアトロ for デイズ」の最大の特徴は真っ白なインテリア。
インストルメントパネルをはじめ、シートやドアトリムはキャンバスとなり、自由な発想でインテリアをアレンジすることができます。
停車中はイタリア語で劇場を意味する「TEATRO(テアトロ)」の名の通り、インストルメントパネルをはじめとしたインテリア全体に映像を映し出すことが可能。
ゲームに興じたり、旅先の風景を仲間とオンラインでシェアしながら楽しんだりすることもできるそうです。
また、エクステリアにもLEDスクリーンを搭載し、車外での多彩な楽しみ方できます。

Teatro_for_dayz
軽EVの新しい提案・テアトロ for デイズ

NISSAN GRIPZ CONCEPT
今年9月のフランクフルトモーターショーで初披露となった「ニッサン グリップス コンセプト」は、欧州と日産のデザイナーが共同でデザインした、コンパクトクロスオーバーの性能と実用性、そしてスポーツカーのワクワク感とパフォーマンスを兼ね備えたコンセプトカーです。

パワートレインには、電気自動車技術をベースにしたシリーズ・ハイブリッド EVシステム「Pure Drive e-Power」を搭載しています。
同システムは日産リーフと同じ大容量モーターを採用しており、ガソリンエンジンで発電した電気で駆動します。
このシステムにより、高い静粛性とすぐれた燃費、そしてスムーズで素早いリニアな加速が可能となります。
エクステリアデザインは、ダイナミックに流れる面とシャープなエッジが強いコントラストを表現するデザインコンセプト「エモーショナル・ジオメトリー」に基づいて形作られています。
インテリアは、最近の日産車にすでに採用されている、グライディングウィング形状のインストルメントパネルを採用しています。
この洗練された軽快なデザインは、力強さとシンプルさを両立しています。

NISSAN CONCEPT 2020 VISION GRAN TURISMO
2014年6月、英国のモータースポーツイベント「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード2014」にて初公開された「ニッサン コンセプト2020 ビジョン グランツーリスモ」。

同車は、「グランツーリスモ」シリーズを開発したソフトウェア会社「株式会社ポリフォニー・デジタル」と日産の協力のもと、「プレイステーション3」専用ソフトウェア「グランツーリスモ6」の「ビジョン グランツーリスモ」プロジェクトの一環として制作されました。
多くのプレイヤーがヴァーチャルな世界で、日産ならではの卓越したパフォーマンスとイノベーションを体験しています。
今回公開する「ニッサン コンセプト2020 ビジョン グランツーリスモ」は、新たなボディカラー「Fire Knight」を身にまとい、日産のデザイン・シグネチャーの一つであるVモーショングリルも更に際立つデザインにリファインされました。
これによりゲームの中でもより日産の存在感を高めることになります。

Nissan_concept_2020
コンセプト2020 ビジョン グランツーリスモ

日産リーフ
発売以来、グローバル累計で18万台以上を販売し、販売台数世界No.1のEVである「日産リーフ」がマイナーチェンジします。

一充電走行距離の大幅向上を実現するとともに、「自動ブレーキ」を全車標準とし、安全性能を向上しました。
一充電走行距離が280km(社内測定値)となるグレードを追加し、衝突回避および衝突時の被害低減を支援する「エマージェンシーブレーキ」、走行中の車線逸脱回避を支援する「LDW(車線逸脱警報)」を全車標準装備しています。
同車は、2015年11月に日本で発表、同12月に発売予定です。

こちらもご覧ください!

| | コメント (0)

【東京オートサロン2015】カスタムブランド編 1

東京オートサロン2015レポ、ここからは各カスタムブランドから撮影できた分のみご覧に入れます。
まずは日産編です。

Img_4023
Img_4024
スカイラインGT-R(R34)のカスタムカー

Img_4026
スカイラインGT-R(R34)

Img_4030
Img_4029
NISSAN GT-R(R35)

Img_4031
NISSAN GT-R(R35)

Img_4034
Img_4033
NISSAN GT-R(R35)

Img_4035
NISSAN GT-R(R35)

Img_4036
NISSAN GT-R(R35)のレーシングカー

Img_4066
NISSAN GT-R(R35)

Img_4073_1
KUHL JAPAN作のNISSAN GT-R コンセプトカー部門の最優秀賞受賞車

Img_4027
フェアレディZ(Z34)

Img_4028
フェアレディZ(Z33) タイヤの切れ角に注目

Img_4065_1
ノート NISMO ボンネットはカーボン製

Img_4172
IMPUL エルグランド

Img_4173
IMPUL セレナ

Img_4174_1
IMPUL スカイライン

Img_4175
IMPUL シーマ

こちらもご覧ください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【東京オートサロン2015】日産編

東京オートサロン2015、続いては日産自動車編です。

Img_4121
Img_4120
NISSAN GT-R NISMO GT3

Img_4129
MOTUL オーテック GT-R

Img_4112
Img_4114
NISSAN GT-R NISMO

Img_4116
フェアレディZ NISMO

Img_4118
Img_4117
ジューク NISMO RS

Img_4124
Img_4125
ノート NISMO S

Img_4127
マーチ NISMO S

Img_4119
ジューク パーソナライゼーション アドバンスド コンセプト

Img_4106_1
Img_4107
セレナベースのライダー アドバンス スタディー

Img_4111_1
エルグランド ライダー ハイパフォーマンススペック ブラックライン

Img_4108
デイズルークス ライダー

Img_4130
e-NV200 スポーツユーティリティギア

続いてはホンダ。
注目はあの小型オープンスポーツのコンセプトです。

こちらもご覧ください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【日産】東京オートサロン2015概要を発表

日産と関連会社のオーテックジャパン、ニスモは、2015年1月9日(金)~1月11日(日)、千葉・幕張メッセで開催される「東京オートサロン2015 with NAPAC」への出展概要を発表しました。

今回の「東京オートサロン」では、「JUKE Personalization Advanced Concept」や「NISSAN GT-R NISMO NISMO N Attack Package装着車」、「Rider Advance Study」など、日産の新しいカスタマイズの世界を提案するモデルを出展します。
さらに、2014年スーパーGT GT500クラスシリーズチャンピオンとなった「MOTUL AUTECH GT-R」などのレーシングカーの出展、及び各種トークショー等のイベントも予定しているそうです。

主な展示車は…

●JUKE Personalization Advanced Concept
●e-NV200 Sports Utility Gear
●MOTUL AUTECH GT-R
●NISSAN GT-R NISMO GT3
●NISSAN GT-R NISMO NISMO N Attack Package装着車
●FAIRLADY Z NISMO NISMO SPORTS PARTS装着車
●JUKE NISMO RS NISMO PARTS装着車
●MARCH NISMO S NISMO SPORTS PARTS装着車
●NOTE NISMO S NISMO SPORTS PARTS装着車
●Rider Advance Study
●DAYZ ROOX Rider
●ELGRAND Rider HIGH PERFORMANCE SPEC Black Line
こちらもご覧ください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【日産】2014.2.6のグローバル本社ギャラリー

昨日6日の日産グローバル本社ギャラリーの様子です。

1月20日発表された新型ティアナの展示イベントが行われていました。

Img_3058
ティアナ XV

新型セレナのカスタマイズカー・ライダーが展示されていました。

Img_3113_2

Img_3115_2

Img_3116_2

Img_3117_2
セレナライダー パフォーマンススペック・ブラックライン S-HYBRID

スカイラインは3台展示でした。

Img_3037_2
スカイライン

国外車では、話題のダットサンGOとタイタンが展示されていました。

Img_3040_2
ダットサン GO

ヘリテージカーでは、スカイラインGT-R R32型とそのレースカー、またフィガロが展示されていました。

Img_3131_2
フィガロ

Img_3142
スカイラインGT-R(R32型)

Img_3137_2
スカイライン R32 GT-R #12カルソニック

新型ティアナについては、近日写真集にする予定です。

こちらもご覧ください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【日産】2014.1.4のグローバル本社ギャラリー

新年あけましておめでとうございます。
本年も当ブログを宜しくお願いします。

新年最初の記事は、表題の通り2014年1月4日の日産グローバル本社ギャラリーレポートです。この日は休日ということで、多くの来場客で賑わっていました。

新型エクストレイルの展示イベント開催中でした。

Img_1796
イメージカラーのバーニングレッドのエクストレイル 20X 2列車

Img_1780
写真奥はモデルチェンジ後も販売継続するT31型エクストレイル・クリーンディーゼル

おしゃれなモコ・ドルチェもありました。

Img_1771
モコ ドルチェ X

ステージ上には、V37型スカイラインが展示されていました。

Img_1856
スカイライン 350GT ハイブリッド Type P

GT-Rも健在でした。

Img_1852
GT-R Black edition

屋外には、モデル末期のティアナが展示されていました。

Img_1761
ティアナ 250XL

新型エクストレイルの写真集は、近日公開する予定です。

こちらもご覧ください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013東京モーターショー出展車、日産ギャラリーに展示

12月3日~8日、日産グローバル本社ギャラリーと銀座ギャラリーで第43回東京モーターショーに出展したコンセプトカーや、参考出品車を展示するイベントが開催されています。

今年も東京モーターショーに行けなかったので、今回このような展示があると聞き、昨日5日にグローバル本社ギャラリー行ってみることにしました。新型「ティアナ」も展示されているだろうと思っていましたが、こちらはなぜか展示されていませんでした。

■アイディーエックス フリーフロー

Img_1173

Img_1172_2

Img_1170

Img_1293

Img_1175

Img_1291

■アイディーエックス ニスモ

Img_1171

Img_1166

Img_1168

Img_1167

Img_1289

■日産デイズ・ルークス 展示車はハイウェイスター

Img_1176

Img_1177

Img_1178

■日産リーフ エアロスタイル 展示車はX

Img_1207

Img_1211

Img_1210

Img_1209

■セレナ(マイナーチェンジ版) 展示車はハイウェイスターG S-HYBRID

Img_1187

Img_1188

Img_1189

Img_1191

Img_1193

Img_1194

Img_1192

■エルグランド(マイナーチェンジ版) 展示車は250ハイウェイスタープレミアム

Img_1198

Img_1200

Img_1201

Img_1202

Img_1203

Img_1204

Img_1281

■ノート(マイナーチェンジ版) 展示車はメダリスト

Img_1181

Img_1184

Img_1182

Img_1183

こちらもご覧ください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)